2018/12/03

ニュースレター

第6回WICIジャパン「統合報告優良企業表彰」において「統合報告優秀企業賞」を受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、経済産業省が推進する第6回WICIジャパン「統合報告優良企業表彰」において、「統合報告優秀企業賞」を受賞しました。

 WICIジャパン「統合報告優良企業表彰」は、2013年に創設された表彰制度で、上場企業が発行する統合報告書を審査対象としています。

 当表彰の主催者であるWICIジャパンは、2007年に発足し、企業関係者や財務アナリスト、投資家などによって構成され、事業報告の簡潔・明瞭化や企業価値指標の開示改善を目的としています。

 今回、当社が発行した「大和ハウスグループ統合報告書2018」が、財務・非財務のデータを統合し、企業の価値創造活動を簡潔に示しており、企業の将来が見込める優れた統合報告書として評価され、「統合報告優秀企業賞」を受賞しました。

 この受賞を励みに、引き続き当社は本誌を株主・投資家の皆さまとのコミュニケーションツールとして活用し、建設的な対話を通じて、持続的な成長を目指します。

【授賞式】
左:審査委員長 松島憲之 氏
右:大和ハウス工業 上席執行役員 山田裕次

●大和ハウスグループ統合報告書2018」について

 「大和ハウスグループ統合報告書2018」では、“大和ハウスグループの価値創造”に欠かせない3つの経営基盤(人財基盤、顧客基盤、技術・ものづくり基盤)と強み(複合的な事業提案力)に加え、「環境」・「社会面」・「ガバナンス」の視点を統合した、中長期の価値創造プロセスを紹介し、当社グループの取り組み・成長性について説明しています。

■「大和ハウスグループ統合報告書 2018」について: https://www.daiwahouse.com/ir/ar/

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ