企業倫理・コンプライアンス

企業倫理・コンプライアンス

方針・考え方

大和ハウスグループでは、企業活動について各種法令を遵守するのはもちろんのこと、当社グループの理念体系のもとで全役職員が高い倫理感を持って業務を行うこととしています。そして、お客さまをはじめとするさまざまなステークホルダーとの信頼関係を築きながら、社会に貢献できる企業グループを目指しています。
当社グループでは、2004年4月に企業倫理の実現の基礎となる行動原則を明文化した企業倫理綱領と行動指針を策定しました。2014年には、取締役である各部門担当役員の承認のもと、「企業倫理綱領・行動規範」へと改定を実施。国内外の社会状況の変化に対応するとともに、従業員一人ひとりが企業理念やシンボルメッセージ「共に創る。共に生きる。」をより実践できる内容へと改善しています。

大和ハウスグループ企業倫理綱領

Believe One Heart

従業員に対する法令・コンプライアンス教育について

法令知識の修得や、リスク管理の意識向上を目指して、コンプライアンス研修を積極的に実施しています。具体的には、新入社員・中堅社員・管理職といった各階層別に必要な知識・素養を養うための階層別研修や、それぞれの部門に関連する法令知識等を学習するための部門別研修などを行っています。
2016年度は、76回の研修を実施し、延べ4,006名が受講しました。今年度についても、本社部門主導の研修のみならず、各事業所にて独自にコンプライアンス研修を実施することを推奨し、自主的なコンプライアンス活動の実施を促すように努めました。


このページの先頭へ