環境エネルギー再生可能エネルギー

コンセプト

無限でクリーンな“再生可能エネルギー”の活用を進めます

日本におけるエネルギー供給のうち、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料がその大半を占めており、そのほとんどは海外に依存しています。
化石燃料の利用に伴って発生する温室効果ガスの削減には、資源の枯渇の恐れが少なくクリーンな太陽光や風力などの再生可能エネルギーの積極的な活用が重要です。
そこで大和ハウスは、豊富な建築実績をもとに既存建物や地盤の状況に応じたより良い発電システムを設計・ご提案しています。

再生可能エネルギー

千葉県市原市

ポイント

建築事業で培った経験と実績を活かしたご提案

東日本大震災以降、再生可能エネルギーへの関心が高まるなか、2012年7月には再生可能エネルギーの固定価格買取制度※がスタートし、メガソーラーの普及が進められてきました。
当社は、これまで培ってきたプレハブ建築技術・鋼管構造建築技術に加え、スケールメリットを活かした調達力、土地情報の収集力などの強みを生かし、メガソーラーの普及に貢献していきます。

※電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法

三重県津市

太陽光発電導入のメリット

事例紹介

超軟弱地盤に建設した太陽光発電所(千葉県)

水田としても利用できないプリンのようにプルプルと震える地盤での発電所建設工事。周囲のブランド米を育てる田園にも配慮し、固化材を使わずに施工を行っています。

詳しくはこちら

DREAM Wind 愛媛西予(愛媛県)

「DREAM Wind 愛媛西予」は、最大出力2,000kW(2MW)の風車8基で、16,000kW(16MW)を発電します。計画発電量は年間約35,000MWhで、一般家庭一世帯あたりの全消費電力量を4,432 kWh/年とした場合、約8,000世帯分の電力量に相当します。

詳しくはこちら

菅沼水力発電所(岐阜県)

発電機を製造販売する株式会社東芝の子会社であるシグマパワーホールディングスと小水力発電所の建設実績が豊富な坂本土木とともに水力発電事業を検討し、大和ハウス工業としては初となる水力発電所を開発しました。
2018年10月11日より、菅沼水力発電所(発電出力約2MW)が営業運転を開始しています。

詳しくはこちら

菅沼第一水力発電所

菅沼第二水力発電所

関連リンク


このページの先頭へ