クエストエデュケーション

日本の学生は、「読み書き」や「計算」能力は高いものの、「学習意欲」は先進国最低レベルという調査結果があります。この原因として、学生が企業など社会との関わりが希薄なため将来の目標や社会で必要とされる能力に気づきにくいことが挙げられます。クエストエデュケーションは、現実社会と連動しながら「生きる力」を育む学習プログラムです。「企業探究コース」では、生徒が企業のインターン生として学校での長期インターンを行い、企業から出されるミッションに取り組みます。正解のない問いにチームで挑み、自ら感じ、考え、表現していく中で、『探究』という学び方を実践していきます。
戦後に創業した当社は、積極精神・公の精神をもって、社会に貢献する事業を次々と生み出してきました。この当社の最良の資本を教育の分野に還元するため、探究型の学びであるクエストエデュケーションに2007年度より協賛しています。

クエストエデュケーションオフィシャルサイトはこちら

生徒×先生×企業人が共に学び、未来を創るプログラム

ビジネスコンテストとは異なり、1年間、企業や社会的課題の徹底的なリサーチの上で常識や社会制度の前提を覆す、中長期的・未来志向のアイデアが生徒から提案されます。

生徒 企業人 先生 クエストの「創発的」学びの場 主催:株式会社教育と探求社
大和ハウス工業×クエストエデュケーション

プログラムの流れ~企業探究コース~

4月~12月インターンを通じた企業調査、企画提案

1.教材の配付

一人ひとりの個性的な学びを応援するため、表紙はすべて異なっています。

2.インターン先の決定

複数ある協賛企業の中からインターン先を選びチームを結成します。

3.企業研究アンケート調査

インターン先の企業の研究や、「初仕事」として街頭でのアンケート調査を実施します。

4.ミッション発表

インターン先の企業からミッション発表され、提案づくりがスタートします。

5.企画会議

ブレインストーミングをはじめ、企画手法を学び議論をします。当社も学校訪問が本格化します。

6.中間発表 ブラッシュアップ

各チームがクラス内で発表。当社も企画を磨くためのアドバイスや、仕事にかける思いを伝えます。

7.地区のミーティング

各地区の学校が集い、合同での発表会やディスカッションを行います。

8.校内最終発表

学校内での発表会をします。学校内では最後の発表の場となります。

1月一次審査

全国からの応募される作品に対して、協賛企業と主催者による事前審査を実施。各協賛企業は10チームまで絞り込みます。

2月クエストカップ 全国大会

1年間の探究の集大成であり、発表の場となる全国大会です。中高生とは思えないほどの非常にハイレベルな内容、堂々たる提案がプレゼンテーションされます。

クエストカップ2016 全国大会

2016年2月20日(土)に東京・法政大学 市ヶ谷キャンパス等で行われた全国大会には、全国約80校、1486チームの中から一次審査を通過した72チームが参加しました。当社インターンシップ生であった、育英西高等学校(奈良県)のチーム名「大和に住んで17年」の皆さんが見事グランプリを獲得。
「3億8400万年の家」をテーマに、審査員を驚かせる素晴らしい提案をプレゼンしていただきました。

【大和ハウス工業からのミッション】
「私たちが世界を変える!72億のハートを動かす大和ハウスの新商品を提案せよ!」

【提案内容】
ゴキブリが地球上で非常に清潔な生物であることに着目し、ゴキブリの脂肪酸を活用した「最強の除菌建材」を提案。国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を踏まえ、「健康的な生活を送る」という人類の普遍的な課題を解決する新商品となっている。

当日のプレゼンテーションの様子はこちら

グランプリを受賞した
チーム「大和に住んで17年」の皆さん

グランプリを受賞して 育英西高等学校 「大和に住んで17年チーム」

市川愛さん
大和ハウス工業の社員の方から、数ヶ月かけて創った私たちの提案に対して「本当に72億のハートが動くのか?」と指摘されショックを受けました。その日が出発点となり、血のにじむような努力を続けました。「ゴキブリ」のような身近にあるものをコツコツ調べ、分析を繰り返し、それが世界を変える程の大きな提案へと膨らんでいくことがとても面白かったです。
髙井美佐さん
普段の学校生活では絶対に関わることのできない企業の方や、熱意ある全国の生徒と接点が持てることがクエストエデュケーションの魅力です。多くの人と関わることで、「様々な角度からものを見ることができる」ことに気づきました。そして、メンバーと真剣に議論する過程でメンバーの個性に初めて気づきました。各メンバーの強みを活かせたのも、クエストでの長期に亘る「本気の議論」があってこそだと思います。
(写真右) 市川愛さん
(写真左) 髙井美佐さん

参加者の声

先生 安田学園高等学校 教務庶務主任 百瀨和德

子どもたちの企業や社会についての視野が広がるのはもちろん、キャリアプランにも役立ちますね。企業はただモノを作るだけでなく、未来を育てているということに私自身も気づきました。教師にとっても刺激的な体験です。

当社従業員 城東支店 総務経理課長 大塚健

教室で、本当は言いたいのになかなか自分の意見を言えない子どももいます。そういう子の背中を押すのも大人の役目であると、いつも心がけています。これは会社での部下や後輩の育て方と同じなんです。また子どもたちのチームワークやミッションに取り組むひたむきさには、ひと際感動します。

主催者 株式会社教育と探求社 代表取締役社長 宮地勘司

「21世紀を創る人を育てる」。それがクエストエデュケーションの目標です。正解のない時代を生きる中学生・高校生に、自分の頭で考えて、仲間と一緒に未来を創造していく力を、学校教育の中で育んで欲しい。そう願ってこの事業をはじめました。立ち上げから10年を越え、既に10万人近い生徒がクエストエデュケーションを受講しています。生徒との真摯なやりとりを通じて、彼らの探究をサポートしてくれる大和ハウス工業のみなさんにいつも感謝しています。

教育と探求社のホームページはこちら

お問合せ・お申込み

D'sスクール(出張授業)・職場体験等のお申し込み・お問い合わせはこちらから

地域共生活動トップページ


  • TOP

このページの先頭へ