大和ハウスグループ エンドレス募金 支援先団体公募

支援の主旨

大和ハウスグループでは、「共創共生」をキーワードに、全国各地で地域社会に密着した社会貢献活動を実施しています。その中で、従業員が気軽に参加できる社会貢献活動として「大和ハウスグループエンドレス募金」を運営しています。

従業員の任意により毎月の給与の一部を募金に充て、社会的課題の解決に向けた団体に寄付を行うプログラムです。社会的課題の解決に取り組む団体の活動内容や弊社へのご要望をお聞きするため、2015年度より支援先団体を公募し、書類審査および従業員の投票を経て支援先の選定を行っています。

また、弊社グループ従業員からの寄付だけで終わるのではなく、支援先団体の活動にボランティアとして参加することで、従業員の地域貢献意識の向上へと繋げたいと考えています。

応募対象

1.支援テーマ枠

 2019年度の支援テーマ

 「貧困の子どもたちへ支援を行う活動」

 日本の子どもの貧困率は13.9%(厚生労働省2015年)で、前回調査より2.4%減少しておりますが、深刻な問題であることに変わりはありません。日本の貧困によって懸念される大きな問題は経済格差による学力格差です。親が子どもの学費を払えず高校や大学を中退しバイトで家計を支える子どもは多く、就職が不利になり所得の低い職で貧困から脱け出せないという連鎖が起こります。今後の社会を担う子どもたちの為にもエンドレス募金を通じて支援を行う必要があります。

 

2.一般支援枠

「支援テーマ」以外の活動で、地域の社会的課題のニーズを明確に捉え、活動を行うことで地域の社会的課題が解決され、かつ、地域が活性化されるなどの波及効果をもたらすことが期待される活動。また、一過性の活動ではなく、継続的かつ将来性のある活動が望ましい。

 

応募資格

  1. 営利を追求しない法人であり、法人格を有して1年以上の活動実績があること(2018年8月31日時点)。
  2. 予定の事業が地域課題の解決に向けた活動であること。
  3. 予定の事業の実施期間が2019年4月から2020年3月であること。

応募から選定までの流れ

2017年7/1 応募開始⇒8/31 応募締切⇒10月~ 一次審査⇒11月下旬 結果通知⇒2016年2月初旬 二次審査・選定⇒~2/29 結果通知⇒3月中旬 覚書締結

応募について

応募期間内に必ず所定の書面にてご郵送ください。申請書フォームの入力方法、応募の詳細に関しましては必ず応募要項をご確認ください。

応募受付期間

2018年7月1日~2018年8月31日(必着)

応募書類等

2019年度の募集は終了しました

お問い合わせ先

大和ハウス工業株式会社 CSR部 
大和ハウスグループ エンドレス募金 運営委員会事務局
電話:06-6342-1435
メール:csr@daiwahouse.jp


このページの先頭へ