ロボット事業

大和ハウスでは2008年にロボット事業推進室を立ち上げ、ロボットスーツHAL、ならびにメンタルコミットロボPAROの販売を行っております。これらを販売するのみならず、東日本大震災の際には被災地の高齢者施設へ無償貸与を行ったり、出張授業などでも活用しています。

ロボット事業を活かした社会貢献

東日本大震災における高齢者へのメンタルケアの一環として、PAROを無償で貸与しました。

小学校への出張授業を通じて、これからのロボットと人の共生を普及しています。

ロボット事業

メンタルコミットロボット「パロ」

多数のセンサーや人工知能の働きによって、人間の呼びかけに反応し、抱きかかえると喜んだりするほか、人間の五感を刺激する豊かな感情表現や動物らしい行動をし、人を和ませ、心を癒します。

「ロボットスーツHAL®福祉用」

装着する人の「意思」を感知して立ち座りや歩行動作をアシストする、ご高齢で脚力の低下した方や、下肢の不自由な方向けの画期的な自立動作支援ロボットです。


  • TOP

このページの先頭へ