大和ハウスグループの歴史

2020年代

2020 令和2年
  • アメリカにおいて総合不動産開発・戸建分譲事業・分譲マンション事業・複合施設開発等を行うTrumark Companies, LLCを子会社化
  • 障がい者の社会参加を推進する国際イニシアチブ「The Valuable 500」に加盟
  • アメリカ(カリフォルニア州アーバイン市内)において商業施設「TRADE(トレード)」を取得し、運営管理を開始
  • 国際NPOのCDPによる「サプライヤー・エンゲージメント評価」において、最高評価の「サプライヤー・エンゲージメント・リーダー・ボード」に認定(2019・2020)
  • 全国の事務所・施工現場に再生可能エネルギー由来の電力の本格導入開始
  • 水族館併設の大型複合商業施設「イーアス沖縄豊崎」(沖縄県)グランドオープン
  • 先端技術と日本文化をテーマとした大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティ)」開業
  • アメリカ(ニューヨーク州マンハッタン)において超高層分譲マンション事業 「100クレアモントアベニュープロジェクト」開始
  • 再生可能エネルギーを全面的に取り入れた複合型のまちづくりを対象とする「大和ハウスグループグリーンボンド(無担保社債)」発行
  • 重量鉄骨ラーメン構造3階建て戸建住宅商品「skye3(スカイエスリー)」発売
  • アメリカ(テキサス州ヒューストン)において超高層賃貸住宅事業 「Block 98 Project(ブロック ナインティエイト プロジェクト)」開始
  • 住宅業界初、自社工場で使用する電力を当社グループが運営・管理する施設で発電した再生可能エネルギーに切り替え
  • 日本最大のデータセンター団地 「(仮称)千葉ニュータウンデータセンターパークプロジェクト」(千葉県)開発
  • 工場での立ち作業負担を軽減するアシストスーツ「アルケリスFX」を開発、全国9工場に導入
  • 日経ESG経営フォーラムが実施する「第1回ESGブランド調査」において、建設・不動産業界1位を獲得
  • インドネシア( 西ジャワ州 ブカシ県)において日本人家族向けサービスアパートメント「via alma - KOTA DELTAMAS(ヴィア アルマ コタ デルタマス) 」開発
  • 内閣府による「女性が輝く先進企業表彰」において、「内閣府特命担当大臣(男女共同参画)表彰」を受賞
  • オランダにおいてモジュラー建築の販売・賃貸事業・物流事業を行うFlexbuild Holding B.V.(フレックスビルドホールディング)を子会社化
商業施設「TRADE」(アメリカ)
100クレアモントアベニュープロジェクト(アメリカ)
skye3(スカイエスリー)
(仮称)千葉ニュータウンデータセンターパークプロジェクト
アシストスーツ「アルケリスFX」

このページの先頭へ