環境・CSR

グループリリース

大和ライフネクスト株式会社

「子供と女性を守る取組に関する協定」締結

「子供と女性を守る取組に関する協定」締結

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:石﨑順子)は、2018年3月16日、千葉県警察本部と「子供と女性を守る取組に関する協定」を締結したことをお知らせします。

グループリリース

株式会社コスモスイニシア

新築分譲マンション『イニシア港北ニュータウン』周辺で地域共生活動『ハナサカ』プロジェクトを実施

新築分譲マンション『イニシア港北ニュータウン』周辺で地域共生活動『ハナサカ』プロジェクトを実施

 大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、社長:高木 嘉幸、HP:https://www.cigr.co.jp/)は、新築分譲マンション『イニシア港北ニュータウン』(神奈川県横浜市都筑区、総戸数64戸)の建設地域のみなさまとともに、公園への桜の植樹を行う『ハナサカ』プロジェクト(地域共生活動)を実施いたしました。

トピックス

大和ハウスライフサポート株式会社

「もみの樹・横浜鶴見」にて「子ども食堂」を開催

「もみの樹・横浜鶴見」にて「子ども食堂」を開催

 大和ハウスライフサポート株式会社が運営する介護付有料老人ホーム「もみの樹・横浜鶴見」では、社会福祉協議会や当地区自治体と連携し、毎月2回、「子ども食堂」を開催しています。「子ども食堂」とは、経済的背景やひとり親などさまざまな事情を抱えた子どもたちに無料や低価格で食事を提供する取り組みです。

■「つながる温もり」「食の大切さ」を伝える場に
 入居者と子どもたち、施設スタッフ、ボランティアの方々が、一緒に食卓を囲み、にぎやかな夕食のひと時を過ごしています。「残さず食べる」「食に感謝する」など当たり前のことをできるようにする食育の場としても意識しています。
 また、食事だけではなくゲームやトランプなどで一緒に楽しみ、子どもたちとの交流を育んでいます。

■「地域に開かれた施設でありたい」という想いで
 参加者

トピックス

大和ハウス工業株式会社

「第14回ステークホルダーミーティング」開催

「第14回ステークホルダーミーティング」開催

 1月24日、大和ハウス工業株式会社は本社にて「ステークホルダーミーティング」を開催しました。「ステークホルダーミーティング」とは、企業をとりまく様々な利害関係者(ステークホルダー)と企業が直接対話を行い、社会から幅広い意見や要請を聞く会議のことです。
 当社では、多様なステークホルダー(お客さま・取引先さま・NPO・従業員など)と意見交換を行い、CSR経営に反映させることを目的として2004年度より開催しています。
 今年度は、「『Daiwa Sakura Aid』※の深化に向けて」をテーマに18名のステークホルダーにお集まりいただき、「桜の維持・保全グループ」「次世代への和の伝承グループ」「社内周知グループ」の3つのグループに分かれて議論していただきました。各テーブルには担当役員や部門長も参加し、皆さまからの疑問にお答えするとともに、活発な意見交換を行いました。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

建設・住宅業界で“世界初”となる「EP100」「RE100」に加盟

建設・住宅業界で“世界初”となる「EP100」「RE100」に加盟

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2018年3月1日、国際的なNPO法人「クライメイトグループ」が運営するエネルギー効率および再生可能エネルギーに関する国際イニシアティブ「EP100」(※1)と「RE100」(※2)に加盟しました。双方への加盟は建設・住宅業界で世界初、「EP100」への加盟は日本初となります。  ESG(※3)投資が注目される中、「EP100」や「RE100」は世界的な投資判断基準の一つとされており、当社は両イニシアティブへの加盟により財務基盤のさらなる強化を図ります。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

「大和ハウス佐賀ビル」の実証実験を開始します

「大和ハウス佐賀ビル」の実証実験を開始します

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2018年2月26日より、佐賀県佐賀市において、電力会社からの買電に依存しない、日本初(※1)の再生可能エネルギーによる電力自給自足オフィス「大和ハウス佐賀ビル」の実証実験を開始します。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

「サステナビリティレポート2017」が 「環境コミュニケーション大賞」において「環境大臣賞」を受賞

「サステナビリティレポート2017」が 「環境コミュニケーション大賞」において「環境大臣賞」を受賞

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)が発行したESG(※1)に関する網羅的な情報を掲載した年次報告書「サステナビリティレポート2017」は、「第21回環境コミュニケーション大賞」(※2)において、最も優れた環境報告書として環境報告大賞「環境大臣賞」を受賞しました。 

グループリリース

大和エネルギー株式会社

愛媛県西予市で風力発電所「DREAM Wind愛媛西予」を建設します

愛媛県西予市で風力発電所「DREAM Wind愛媛西予」を建設します

 大和ハウスグループの大和エネルギー株式会社(本社:大阪市、社長:濱 隆)は、2018年1月22日(月)、愛媛県西予市宇和町において、風力発電所「DREAM Wind愛媛西予」の建設に着手します。

グループリリース

大和リース株式会社

被災地復興支援イベント 『Action7 東北を味わう』 を開催します

被災地復興支援イベント 『Action7 東北を味わう』 を開催します

 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市中央区)は、2018 年1 月17 日(水)より3 月18日(日)までの期間、スマイルアクション(※1) の一環として、当社が運営する商業施設において復興支援をテーマとしたイベント「Action7 東北を味わう」を開催します。 ※1 スマイルアクションとは 当社が全国で管理運営する商業施設で行っている社会貢献・地域貢献活動の総称です。「つながる笑顔は無限大」を合言葉に、募金活動・地域共同イベント・リサイクル推進などさまざまな活動を行っています。

トピックス

大和ハウスグループ

大阪の一大イベント「大阪マラソン2017」を盛り上げました

大阪の一大イベント「大阪マラソン2017」を盛り上げました

 11月26日、大和ハウス工業協賛の「大阪マラソン2017」が開催され、大和ハウスグループは、当大会に様々な形で参加・貢献しました。

■「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」に参加
 大阪マラソンとタイアップして大阪市内全域で実施された清掃活動「大阪マラソン“クリーンUP”作戦」に、デザインアークとグローバルコミュニティが参加しました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

石橋信夫記念館文化フォーラム第10回「高杉晋作は日本の将来のために何をやろうとしたか」開催

石橋信夫記念館文化フォーラム第10回「高杉晋作は日本の将来のために何をやろうとしたか」開催

 11月18日、東京本社2階大ホールにおいて、石橋信夫記念館文化フォーラムを開催しました。
 第10回目となる今回は「高杉晋作は日本の将来のために何をやろうとしたか」をテーマに、幕末に列強から日本を守ることに尽力し、日本近代化への道を切り拓いた高杉晋作にスポットを当て、パネリストの方々にディスカッションしていただきました。

グループリリース

株式会社フジタ

もみ殻を燃料とした発電事業に着手

もみ殻を燃料とした発電事業に着手

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治、以下「フジタ」)は、ミャンマーにおいて各種農業関連事業を手掛けるMyanmar Agribusiness Public Corporation (MAPCO) Limited(以下「MAPCO社」)と合弁でMyaung Mya FM Biomass Power Co., Ltdを設立し、もみ殻を燃料とした発電施設を建設し、電力を販売する事業に着手しました。  2017年10月28日に本事業の公表式を行い、式典には、ミャンマーエーヤワディ管区電力工業大臣Win Htay氏、同管区環境農業大臣Ba Hein氏、事業パートナーであるMAPCO社の取締役Kyaw Kyaw Win氏とThaung Win氏、当社の執行役員佐伯義雄など関係者約120名が出席しました。

グループリリース

大和ライフネクスト株式会社、グローバルコミュニティ株式会社

高齢者見守りに関する協定締結について

高齢者見守りに関する協定締結について

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(本社:東京都港区、社長:石﨑順子、以下、大和ライフネクスト)およびグローバルコミュニティ株式会社(本社:大阪市中央区、社長:金子浩之、以下、グローバルコミュニティ)は、2017年10月16日、神戸市(以下、市)と「高齢者見守りに関する協定」を締結し、「協力事業者による高齢者見守り事業(以下、見守り事業)」(※1)に参画することをお知らせします。 ※1. 事業者が通常業務において地域の高齢者の異変に気づいた場合に、市の「あんしんすこやかセンター」に連絡することで、安否確認や見守りが必要な高齢者を早期に発見し、地域での見守りにつなげていくもの。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

「ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」に5年連続で選定されました

「ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス」に5年連続で選定されました

 大和ハウス工業(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、世界的なESG(※1)投資株式指数である「ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・アジア・パシフィック・インデックス(DJSI Asia Pacific)」に5年連続で選定されました。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

「 大和ハウスグループ統合報告書 2017 」発行

「 大和ハウスグループ統合報告書 2017 」発行

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2017年8月31日、「大和ハウスグループ統合報告書 2017」を発行しました。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

「大和(やまと)の森 高萩スカウトフィールド」管理棟建設のための寄付を行いました

「大和(やまと)の森 高萩スカウトフィールド」管理棟建設のための寄付を行いました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2017年3月、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟(所在地:東京都文京区、理事長:奥島孝康、以下:ボーイスカウト日本連盟)に「大和(やまと)の森 高萩スカウトフィールド」管理棟建設のための寄付を行いました。  管理棟は2017年7月31日(月)に完成し、8月5日(土)にオープニングセレモニーを行いました。

グループリリース

株式会社コスモスイニシア

川崎競馬場の巨大スクリーンが一夜だけの野外映画館に 8月19日(土)開催

川崎競馬場の巨大スクリーンが一夜だけの野外映画館に 8月19日(土)開催

 大和ハウスグループの株式会社コスモスイニシア(本社:東京都港区、社長:高木 嘉幸、HP:http://www.cigr.co.jp/)は、合同会社パッチワークス(本社:東京都調布市、代表:薩川 良弥)とのコラボレーションにより、地域活性に向けた夏のイベント『ねぶくろシネマ』を開催しますので、お知らせいたします。

グループリリース

大和リビング株式会社

「見守りサービス」を付帯した新商品を導入

「見守りサービス」を付帯した新商品を導入

 大和ハウスグループの大和リビング株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:明石 昌、以下「大和リビング」)は、総合保証サービス事業を展開する株式会社イントラスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:桑原 豊、以下「イントラスト」)が、大和リビングの管理する賃貸住宅向けにシニア層を対象として開発した保証商品「D-Support SS(※1)(ディーサポート・エスエス)」を導入、2017年8月より九州エリアの入居希望者に対して案内を開始し、順次全国対応を進めます。 ※1.SS ・・・ Second Stageの略。

グループリリース

大和リース株式会社

「ワークスタイル変革EXPO」に空間商品「VERDENIA(ヴェルデニア)」を出展

「ワークスタイル変革EXPO」に空間商品「VERDENIA」を出展

 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作)は、2017年7月26日(水)〜28日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第4回 ワークスタイル変革EXPO」に出展します。

グループリリース

大和リース株式会社

市民共創型ショッピングモール「カラフルモールとす」オープン

市民共創型ショッピングモール「カラフルモールとす」オープン

 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作)は、自社が運営するショピングセンター「フレスポ鳥栖」内に、市民共創型ショッピングモール「カラフルモールとす」を2017年7月29日(土)にオープンします。当モールは、創業を目的とした個人や事業PRを目的とした個人事業主へ、空間の提供及び出店の支援を行います。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

「サステナビリティレポート2017」発行

「サステナビリティレポート2017」発行

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2017年6月30日、「サステナビリティレポート2017」を発行しました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

復興公営住宅を建設

復興公営住宅を建設

 当社は、宮城県気仙沼市において、閉校した気仙沼女子高校の跡地に復興公営住宅「気仙沼市営 魚町入沢住宅」(総戸数59戸)を建設しました。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

環境センサー「ウェザリー」を共同開発し、導入開始

環境センサー「ウェザリー」を共同開発し、導入開始

 大和ハウス工業は、株式会社キッズウェイとともに環境センサー「WETHERY(ウェザリー)」を共同開発し、建設現場への導入を推進しています。

グループリリース

大和リース株式会社

「i.G wood(アイジーウッド)」販売開始

「i.G wood(アイジーウッド)」販売開始

 大和ハウスグループの大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作)と飛騨産業株式会社(本社:岐阜県高山市、社長:岡田贊三)は、2015年7月に販売を開始した室内緑化システム商品「i.G(アイジー)」の本体フレームに天然木を採用した「i.G wood(アイジーウッド)」を共同開発しました。6月1日(木)より日本全国で販売を開始します。

グループリリース

株式会社フジタ

建設工事における動植物管理手法「いきもの見聞録」を開発

建設工事における動植物管理手法「いきもの見聞録」を開発

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治)は、建設現場に生息する動植物の情報をスマートフォン等のGPS機能付き携帯情報端末を使用して、現地でGIS(地理情報システム)に記録し、オンラインで関係者に情報共有する動植物管理手法を開発しました。この手法を用いることにより、野生動植物やその生息環境の効果的な保全を図ります。これまでに、自然環境保全地域に隣接した津波被災地での震災復旧工事で適用し、建設工事における野生動植物の保全対策に活用できることを実証しました。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

建築分野におけるIoT×AI活用基盤の構築に向け経済産業省の実証事業に参加します

建築分野におけるIoT×AI活用基盤の構築に向け経済産業省の実証事業に参加

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、家庭内のデータを活用した社会課題の解決、新たなビジネスモデルの創出などを目的として経済産業省が行う実証事業の採択を受け、スマートハウスのデータ収集・機器制御機能とIoT(※1)機器やAI(※2)機能、Webサービスを連携した情報基盤システムの実証を行います。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

桜を次世代につなぐ活動「Daiwa Sakura Aid」今春10年目突入

桜を次世代につなぐ活動「Daiwa Sakura Aid」今春10年目突入

 毎年約3万本の桜が咲き、訪れる人を魅了する世界遺産・吉野山(奈良県吉野町)。吉野は、大和ハウス工業株式会社の創業者 石橋信夫のゆかりの地でもあります。

 当社は、吉野山を中心に、日本を象徴する花である桜と、これまで大切に受け継がれてきた素晴らしい風景を次世代につなぐ活動「Daiwa Sakura Aid(ダイワ サクラ エイド)」を、2008年度より全国の支社・支店とともに実施しており、今春で10年目に入りました。

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

地方創生に関する連携協定の締結について

地方創生に関する連携協定の締結について

 八幡平市(市長:田村正彦)と、株式会社アーベイン・ケア・クリエイティブ(本社:岩手県八幡平市、代表取締役:山下直基)、大和ハウス工業株式会社岩手支店(事業所:岩手県盛岡市、支店長:櫻下信)及び株式会社山下ピー・エム・コンサルタンツ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:川原秀仁)は本日、八幡平市の地方創生に関する連携協定を締結しましたのでお知らせいたします。

トピックス

大和ハウス工業株式会社

第26回「地球環境大賞」授賞式にて表彰

第26回「地球環境大賞」授賞式にて表彰

 フジサンケイグループが主催する第26回「地球環境大賞」において、「ZET(ネット・ゼロ・エネルギー・タウン)(※)の普及・拡大」の取り組みが評価され「国土交通大臣賞」を受賞しました。
※エネルギー消費が正味(ネット)でゼロまたは概ねゼロとなる街

 2017年4月10日、明治記念館(東京都港区)において、秋篠宮同妃両殿下ご臨席のもと授賞式が行われ、社長の大野をはじめ関連部門役職員が出席しました。
 今回の受賞を励みに、今後も地域住民の豊かな住生活を実現する環境配慮型のまちづくりを通じて、持続可能な社会の構築に貢献していきます。

トピックス

大和ハウスグループ

「建築・建材展2017」に出展

「建築・建材展2017」に出展

 2017年3月7日〜10日、東京ビッグサイトにおいて「建築・建材展2017」(日本経済新聞社主催)が開催され、大和ハウスグループからは、株式会社デザインアーク、大和リース株式会社、大和ハウス工業株式会社がそれぞれ出展しました。

トピックス

株式会社コスモスイニシア

『コスモスイニシア Jr.カップ』第10回記念大会閉幕

『コスモスイニシア Jr.カップ』第10回記念大会閉幕

 株式会社コスモスイニシアは、2007年より小学校4年生以下の児童を対象とした野球大会『コスモスイニシアJr.カップ』に協賛しています。
 2016年度に開催された第10回記念大会では28チームに参加いただき、白熱した試合が繰り広げられました。

ニュースルームとは


このページの先頭へ