ディスクロージャー・ポリシー

1.目的

当社は、経営ビジョンに掲げる「共創共生」の精神のもと、国内外の株主・投資家の皆様をはじめとするすべてのステークホルダーとの長期的な信頼関係を構築するため、情報開示に関わる基本方針(ディスクロージャーポリシー)を定めています。本方針を対外的に明示し、開示業務を適切に執行するとともに、コーポレート・ガバナンスガイドラインに定める「株主との建設的な対話を促進するための方針(PDF 57KB)」に基づき、株主・投資家との建設的な対話を実現し、双方向のコミュニケーションの充実に努めることで、中長期的な企業価値の維持・向上に繋げていきます。

2.情報開示の基準

開示すべき情報を適時適切に開示するため、各種情報の集約・管理を担当する部門を明確にし、情報の正確性・適法性に加え、内容の十分性・明瞭性を確保するものとしています。株主・投資家の皆さまの投資判断に影響を与える決算情報等の重要な情報、発生事実、決定事実の開示については、東京証券取引所が定める適時開示規則(以下「開示規則」)及び金融商品取引法に定められた「フェア・ディスクロージャールール」を遵守します。また株主・投資家の皆さまにとって有用な情報や、適時開示情報以外で会社の業績や信用に重大な影響を及ぼす恐れがある事項については、部門横断的なメンバーで構成された「情報開示委員会」において、多角的な視点から開示すべき情報をチェックし、開示の要否等を審議した上で情報を開示します。

3.情報開示の方法

開示規則に該当する情報の開示は、適時開示情報伝達システムであるTDnetを通じて、東京証券取引所のWebサイトや、当社の公式ホームページの『企業情報』(内の『ニュースリリース』『IR情報』)で公開し、適時適切な情報提供に努めています。また開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家の皆様の理解の助けになると判断した情報は、公式ホームページ等を通じて、できるかぎり積極的かつ公平に開示しており、併せて、媒体・メディアを利用し情報を配信しています。加えて、国内外を問わず全ての株主・投資家に公平公正に情報開示を行うことを目的に、日本語の開示資料は、積極的に英語版を作成し、ホームページ上で情報を公開しています。

4.沈黙期間

当社では、決算情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、決算発表予定日前の一定期間を「沈黙期間」とし、この期間は決算に関するコメントや質問への回答を差し控えます。ただし、この期間に業績予想が大きく変動する見込みが生じた時には、適時開示規則に従い情報開示を行います。なお、この期間であっても、すでに公表されている情報に関するご質問については対応いたします。

5.将来予想について

業績予想につきましては、発表日現在において入手可能な情報及び将来の業績に影響を与える不確実な要因に係る仮定を前提としており、当社としてその実現を約束する趣旨のものではありません。今後、実際の業績は、金融市場の動向、経済の状況や地価の変動のほか、様々な要因によって大きく異なる可能性があります。

IR情報メール配信サービス 新規登録はこちら
決算情報などIR関連の最新情報をメールでお届けします。
配信をご希望の方はフォームより必要事項をご記入の上お申込みください。


このページの先頭へ