ESGインデックス・社外評価

IRに関する社外からの評価

ESGインデックス組み入れ状況

当社グループは国内外の様々なESG評価で高評価を獲得しており、主要なESGインデックスにも継続して組み入れられています。

FTSE4Good Index Series
ロンドン証券取引所グループのFTSE Russellが構成するESG投資インデックス。2001年に開発された歴史あるESGインデックスであり、独立性を保つために投資家や労働団体、NGOなどのマルチステークホルダーによる委員会を運営していることに特徴があります。 当社は2005年3月より継続して組み入れられています。 レーティング:4.1
(5.0満点中)

※2019年6月現在
世界1,034社
日本175社
FTSE Blossom Japan Index
日本企業を対象としたESGインデックスであり、世界最大の年金基金であるGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が運用対象として採用しています。 日本179社
MSCI World ESG Leaders Index
MSCI World SRI Index

米国モルガンスタンレーグループのMSCIが構成するESGインデックス。評価対象企業の産業の特徴を踏まえ、重要度の高いESG課題を絞り込んだうえでの評価を行うことに特徴があります。当社は2013年度以降「AA」の高評価を獲得しています。 レーティング:AA
「AAA」から「CCC」の7段階
※組入済の日本企業において上位30%以内
※2019年6月現在
World ESG
Leaders Index
世界799社
World SRI
Index
世界392社
MSCI Japan ESG Select Leaders Index
日本企業を対象としたESGインデックスであり、GPIFが運用対象として採用しています。
THE INCLUSION OF Daiwahouse Industry. CO. Ltd IN ANY MSCI INDEX, AND THE USE OF MSCI LOGOS, TRADEMARKS, SERVICE MARKS OR INDEX NAMES HEREIN, DO NOT CONSTITUTE A SPONSORSHIP, ENDORSEMENT OR PROMOTION OF Daiwahouse Industry. CO. Ltd BY MSCI OR ANY OF ITS AFFILIATES. THE MSCI INDEXES ARE THE EXCLUSIVE PROPERTY OF MSCI. MSCI AND THE MSCI INDEX NAMES AND LOGOS ARE TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF MSCI OR ITS AFFILIATES.
日本246社
STOXX® Global ESG Leaders
ドイツ証券取引所のグループ会社であるSTOXX社が開発したESG投資インデックス。Sustainalytics社※ の提供するESGデータをもとに選定し、当社は2016年度より当インデックスへ組み入れられています。
※オランダのESG調査・データプロバイダー。「最も優れた独立系SRI調査会社」に3年連続1位にランキング(2013年?2015年度 IRRI調査)
スコアは非公開 世界387社
※2019年9月現在
Dow Jones Sustainability Induces
米国の出版社S&P Dow Jones Indices社とスイスの調査・格付け会社Robeco SAMが共同開発したESGインデックス。当社は不動産セクターに分類されており、2013年度より日本・アジア・オセアニア地域の企業で構成される「DJSIAsia Pacific」に組み入れられています。 総合スコア:59点 (100点満点中)
※2019年9月現在
※左記セクター・地域内上位30%以内
アジア・パシフィック地域148社
(うち日本76社)
S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数
「S&P/JPX カーボン・エフィシェント」は、GPIFが運用対象として採用している日本企業を対象としたESG指数です。当社は、不動産業界で最も炭素効率性が高く、温室効果ガス排出の情報開示を行っている企業として評価されています。 指数ウェイト:0.49%
十分位数分類:1
カーボン情報の開示ステータス:開示
日本1,694社
※2018年9月現在
GRESB

不動産会社、REIT の格付け評価機関です。90社以上の機関投資家、225社以上の不動産会社・運用機関がメンバーとして加盟しています。
大和ハウス工業は「開示評価」を取得、大和ハウスリート投資法人は「開示評価」および「リアルエステイト評価」を取得しています。
開示評価
(大和ハウス工業、 大和ハウスリート投資法人)
A評価を取得
世界663社
※2019年9月現在
リアルエステイト評価
(大和ハウスリート投資法人)
3 Star / Green Star 取得
世界1,005社
※2019年9月現在

Ethibel EXCELLENCEは、ベルギーに拠点を置くNGOフォーラム・エティベルが構成するESGインデックス。構成銘柄となる企業は、ESGに関して業界のほとんどの領域で平均を上回るパフォーマンスを示しています。当社は2016年12月7日からEthibel Excellence Investment Registerに組み入れられました。

ECPI社はルクセンブルクとミラノに拠点を置く、投資運用助言会社です。業種・地域・テーマ別の複数のESGインデックスを構成おり、当社は2016年度より組み入れられています。

「ブルームバーグ男女平等指数」は、2016年、アメリカの通信会社ブルームバーグ社が開発した株式指数です。企業のジェンダー平等に関連した行動指針や統計、人事制度、商品開発、情報開示などで優れた企業を選定しています。
今年度は、世界36ヵ国で計230社(日本企業14社)が選定されました。

なでしこ銘柄は、経済産業省と東京証券取引所が、女性が働き続けるための環境整備を行い、女性のキャリア促進に積極的に取り組んでいる企業を業種ごとに紹介し、女性活躍推進に優れた上場企業(東京証券取引所市場第一部や第二部、東証マザーズ、JASDAQ)を選定する制度。 選定された企業は「多様な人材を活かすマネジメント能力」や「環境変化への適応力」があるという点で、「成長力のある企業」であるとも考えられています。当社は2015年度から5年連続選出されています。

新・ダイバーシティ経営企業100選は、経済産業省が女性、高齢者、外国人、障がい者、多様なキャリア等、多様な人材の能力を最大限発揮させることにより、イノベーションの創出、生産性向上等の成果を上げている企業を評価する制度。
なお当社は、2016年3月に住宅・建設業界で初めて「なでしこ銘柄」および「新・ダイバーシティ経営企業100選」を同時受賞しました。

攻めのIT経営銘柄は、経済産業省と東京証券取引所が2015年、中長期的な視点から企業価値の向上を重視する投資家に魅力ある企業を紹介するとともに、企業による「攻めのIT経営」の取組みを促進するために創立。
上場企業(東京証券取引所市場第一部や第二部、東証マザーズ、JASDAQ)の中から、新たな価値の創造、経営革新、収益水準・生産性の向上をもたらす積極的なIT利活用に取り組んでいる企業を「攻めのIT経営銘柄」として選定しており、当社は2018年度に3年連続で選出されています。

その他の社外からの主な評価

「気候変動Aリスト」企業に認定

CDP気候変動は、国際NPOのCDPが世界約7,000社の企業を対象に調査するもので、気候変動への対応と戦略において特に優れた取り組みを行っている企業を「気候変動Aリスト」に認定しています。
2018年度は、139社(うち日本企業20社)が「気候変動Aリスト」に選定されました。 今回、当社は気候変動問題に対する取り組みと情報開示が国際的に高いレベルにあると認められ「気候変動Aリスト」企業に認定されました。
 また、同時に実施された水資源管理に関する調査「CDPウォーター2018」では「A-」、森林資源の保全に関する調査「CDPフォレスト2018」では「B」を取得しています。

「Eco Vadis」において最高位「Gold」評価を獲得

「Eco Vadis」はフランスに拠点を置き、世界の150カ国、190業種5万社のサプライヤーが参加するESG評価プラットフォームです。世界の主要な多国籍企業300社が「責任ある調達」を担保するため、このプラットフォーム上のESG評価のデータを利用しています。当社は、2019年にESG評価に参加し、世界の建設業界内で上位5%のスコアを獲得し、最高位「Gold」評価を得ました。

東洋経済新報社「CSR企業ランキング」において31位にランクイン

東洋経済新報社が「CSR 企業総覧(雇用・人財活用編)(ESG 編)」2019年版掲載の1,501社(上場1,456社、未上場45社)について、CSR 分野の「人材活用(100点満点)」、「環境(100点満点)」、「企業統治+ 社会性(合わせて100点満点として評価)」に財務(収益性・安全性・規模:各100点満点)を加え、総合ポイント600点満点で評価するランキングです。 最新版(2019年2月16日号に掲載)では、当社は600満点中547点を獲得し、31位(建設業において2位)にランキングされています。

CSR基礎評価

基本
AA
73.8

CSR評価

人材活用 環境 企業統治 社会性
AAA AAA AAA AAA
84.5 97.3 95.8 96.3

財務評価

成長性 収益性 安全性 規模
AAA AA AAA AAA
84.3 77.5 91.1 100.0

「PRIDE指標2018」においてゴールドを受賞

企業におけるLGBTをはじめとする性的マイノリティに関するダイバーシティ・マネジメントの促進と定着に取り組む任意団体「work with Pride(wwP)」が企業・団体などの枠組みを超えて「LGBT」の方々が働きやすい職場づくりを日本で実現することを目指し、策定した評価指標「PRIDE 指標2018」において、当社は最高位の「ゴールド」に表彰されました。

グループ会社の表彰・評価

三井住友銀行より「SMBC働き方改革融資」が実施されました(コスモスイニシア)

「SMBC働き方改革融資」は、株式会社三井住友銀行が提供する融資商品の一つであり、融資実行に際し企業の働き方改革推進の取り組み状況を独自の基準で“見える化”し、現状の取り組み状況の分析や今後の課題、その課題への取り組み事例などが対象企業に提供されるものです。
今回対象となったコスモスイニシアは、経営トップによる具体的な目標設定や働き方改革推進に向けた取り組みが評価され「目標達成を着実なものとする強い推進力があり、働き方改革が期待できる働き方改革のグロース企業」と認定されました。

日本政策投資銀行より「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」に基づく融資が実施されました
(コスモスイニシア)

「DBJ 健康経営格付」融資は、DBJ 独自の評価システムにより、従業員への健康配慮の取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。今回コスモスイニシアは、以下の点が評価され、融資を受けることとなりました。

【評価ポイント】
① 働き方改革(Work Style Innovation)を中期経営計画に位置づけ、組織的・恒常的に「新たな価値創造」を実現し続ける当社ならではのワークスタイルの確立に向けて、時間あたりの生産性向上や働きやすい環境整備などに取り組んでいる点
② オフサイトミーティング等を通じて従業員に働き方改革の意義 や目的を共有し、従業員の意見をふまえた多様な働き方や自発的なキャリアアップを支援する仕組みを構築し、働きがいの向上に取り組んでいる点
③ 子育て世帯やアクティブシニアの暮らしのニーズに対応した空間づくり等の事業を通じて、多様化する生活スタイルに対応し社会課題の解決にも取り組んでいる点


このページの先頭へ