公正な競争

大和ハウスグループでは、事業の遂行にあたって取引先は重要なビジネスパートナーであると捉えています。資材や設備機器のメーカーをはじめ、施工やアフターサービスなどに関わる広範囲なサプライチェーンを形成することで、お客さまに満足いただける品質を提供することができます。

そこで、当社は建設業法が定める「建設工事の請負契約の原則」である、「建設工事の請負契約の当事者は、各々の対等な立場における合意に基づいて公正な契約を締結し、信義に従って誠実にこれを履行しなければならない」旨の遵守に努めています。また、下請法が適用されるサプライヤーなどの取引先に対しても法の精神に則った取引を行っています。加えて、当社の「企業倫理綱領および行動規範」において、取引先とのパートナーシップを大切にし、適切な関係を構築するとともに、自由な市場の競争原理に従い、業界全体の健全な発展を目指すことを定めています。このなかでは、「取引先との適切な関係」をはじめ、「優越的地位の利用禁止」「公正かつ自由な競争」についてそれぞれ定めており、取引先との「共創共生」における原則となっています。また、「調達基本方針」においても、「コンプライアンスに基づいた公正な取引」、「競争原理と高い倫理観に基づいた取引」を行うことを定めており取引先へも表明しています。

「大和ハウスグループ 企業倫理綱領・行動規範」からの抜粋

ビジネスパートナーと共に With business partners

私たちは取引先とのパートナーシップを大切にし、適切な関係を構築します。
また自由な市場の競争原理に従い、業界全体の健全な発展を目指します。

  • 取引先との適切な関係
    私たちは取引先を欠かすことのできない大切なパートナーと考え、共存共栄の精神をもって常に対等・公正な立場で接します。
  • 優越的地位の利用禁止
    私たちは優位な立場を利用した不利な取引条件の押し付けや買い叩き等を行いません。また、取引先への不当な要求やタカリ行為等、品格を疑われるような行為はせず、贈答物も受け取らないようにし、宴会等の接待も慎みます。
  • 公正かつ自由な競争
    私たちは談合等の自由公正な競争原理を阻害する行為はもちろん、疑惑を招くような調整のための情報交換・会合・接触をしません。

「大和ハウスグループ 調達基本方針」からの抜粋

  • 私たちは、全ての取引先様に対して公平に窓口を設置し、競争原理と高い倫理観に基いた取引を実施します。
  • 私たちは、国内外の法令を遵守し、コンプライアンスに基いた公正な取引を実施します。
  • 私たちは、共存共栄の精神で取引先様と関わり、適切な関係を構築します。

パートナーシップ構築宣言への登録

当社は、サプライチェーンの取引先の皆様や価値創造を図る事業者の皆様との連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築することを宣言しました(「パートナーシップ構築宣言」に登録しました)。

<登録日>
2021年9月14日
<宣言内容>
(1)適切な価格決定
(2)適正な契約の締結と下請代金の支払い
(3)知的財産・ノウハウの扱い
(4)働き方改革等に伴うしわ寄せの防止
(5)その他


このページの先頭へ