Activities 2020年に向けての取り組み Activities 2020年に向けての取り組み

お互いの違いを認め合い、尊重し合える社会の実現を目指し、
ひとつの空の下、あたらしい景色をつくっていく。
私たちは2020年に向けて、様々な取り組みを行ってまいります。

障がい者スポーツの体験が、子どもたちの学びへ
『チャレンジド・ビジット』

東京2020公認プログラム
(主催:朝日新聞社)

アスリートのパワフルなプレーを見て、実際に競技を体験し、講話を聞く。全国の小学校を訪問し、障がい者スポーツのアスリート(チャレンジドアスリート)の出張授業を行いました。アスリートと言葉を交わし擬似体験をすることで、未来を担う子どもたちが共生社会について考えるキッカケとなることを目指して活動しております。

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、東京 2020 公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

詳しく見る

使わなくなった携帯と日本の技術でメダルを制作
『都市鉱山からつくる!
みんなのメダルプロジェクト』

東京2020公認プログラム

使用済みの小型家電(携帯電話等)から回収したリサイクル金属で、東京2020大会のメダルをつくる『みんなのメダルプロジェクト』。大和ハウス工業は本プロジェクトに参画し、リサイクル活動を通じて、環境にやさしい持続可能な社会の実現を目指してまいります。

ニュースリリースを見る

幼児に向けた世界おうち体験プログラムを展開
『はぐエコ(環境教育)』

東京2020公認プログラム

東京2020大会は「より良い未来へ、ともに進もう。」をコンセプトに掲げ、持続可能性に配慮した取り組みを進めています。私たちも持続的な社会の発展を願い、自然環境への興味・理解醸成のための幼児向けプログラム「おうさまとおうち」を含む『はぐエコ(環境教育)』を展開しています。

詳しく見る

誰もが安心に暮らせる街づくり活動の実施
D-SIP (ダイワハウス・ソーシャル・
インクルージョン・プログラム)

D-SIPとは、すべての⼈を孤独や孤⽴、排除や摩擦から守り、健康で⽂化的な⽣活が送れるように⽀え合う⽀援活動。「学ぶ」「感じる」「⾏動する」の3つで構成されており、研修を受けた当社従業員が地域のバリアフリー調査を⾏い、感じ得たバリアフリー情報の発信やサポートを⾏います。研修や活動を通じて、当社全体のユニバーサルマナーの向上と多様な人たちの外出を支援していきます。

詳しく見る

障がいのある
アーティストへの支援

「共創共⽣」をテーマにCSR活動を推進している当社では、障がいのある⽅の社会参加と所得向上について、様々な形で⽀援しています。その中のひとつが、障がいのあるアーティストが描いたアート作品の活⽤です。様々な形で利⽤させていただくことで、彼らの夢をアートで叶えるための⽀援を⾏っています。

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ