Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

兵庫県神戸市立本山第二小学校
×
ウィルチェアーラグビー

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、
東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー
(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

間近で見る激しいプレーに
最初は驚き、そして感動!
あきらめない気持ちの
大切さを学んだ

この日、本山第二小学校を訪れたのはウィルチェアーラグビーの選手たち。最初に代表の峰島さんから「パラリンピック競技で唯一タックルが許されているスポーツです」と説明されると、4年生たちは「えーっ」と驚きの声を上げました。デモンストレーションが始まると、そのスピードと激しさに圧倒された様子で、「おーっ!」という歓声が体育館を包みます。体験会では子どもたちも競技用車いすに座り、選手と一緒に笑顔で走行したり、タックルの衝撃を体感して楽しみました。

初めてのウィルチェアーラグビー体験を通して、積極的にチャレンジすることの大切さを学んだ本山第二小の子どもたち。最後に峰島さんは、「夢を持ち、努力を続けることで、それは目標に変わります。大切なのは強い気持ち、やり遂げる、というあきらめない気持ちです!」と力強くエールを贈りました。

ウィルチェアーラグビーとは

四肢に障がいのある人が競技用車いすに乗り、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケーの要素を組み合わせたルールで競うゲーム。パスやひざの上にボールを置いてゴールへ運ぶ。試合は4対4で行われ、選手交代は自由。選手それぞれ障がいの程度で持ち点が設定され、コート上の4人の合計を定められた点数以下で編成する。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

「東京2020パラリンピックで
金メダルを目指して頑張ります」

チャレンジド・ビジットにはもう何回か参加させてもらっていますが、今日もとても楽しく、小学生のみんなから元気をもらいました。ウィルチェアーラグビーのことをもっと知ってもらいたいです。今後はさらに体を鍛えて世界で戦えるパフォーマンスを身に付けて、東京2020パラリンピックで金メダルを目指したいと思います。

羽賀選手 (写真:左)

「私は目標に向けて全力を尽くします、みんなも頑張ろう!」

今日2回目の参加でしたが、みんなの応援がとても力になります。僕はまだ日本代表に選ばれたことはありませんが、東京2020パラリンピックまで残された時間で精一杯頑張ってチャレンジしたいです。今日授業に参加したみなさんも目標を持って頑張って欲しいと思います。

崎山選手 (写真:右)

子どもたちの声 子どもたちの声

峰島さんのお話を聞いて、交通事故で車いすになった後に、負けずに挑戦を続けてウィルチェアーラグビーの選手になったことがとても格好いいと思いました。僕も何かの目標に向かって頑張りたいと思います。

4年生 男子

ウィルチェアーラグビーを生で見たのは初めてでした。とても迫力があって驚きました。競技用車いすに乗れたことも嬉しかったです。東京2020パラリンピックでは、できれば会場へ行って応援したいと思います。

4年生 女子

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ