Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

石川県金沢市立大浦小学校
×
車いすバスケットボール

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

車いすバスケットボールを
初めて生で見た子どもたちは
あきらめずにチャレンジすることの
大切さをしっかりと学んだ。

大浦小学校を訪れたのは、元日本代表選手でパラリンピックに3回出場した三宅克己選手と、5回出場して銅メダルを獲得したこともある上村知佳選手。まずは体育館に集まった6年生を前に、三宅選手が車いすバスケットボールのルールを説明。次にデモンストレーションとして、パスやランニングシュート、ディフェンスなどを次々と披露しました。迫力のプレーを間近で見た子どもたちは、すっかり夢中に。

体験授業では、一人ひとりが車いすに乗り、走行練習やシュート練習、そしてミニゲームにもチャレンジ。ゲームを終えた子どもは「むずかしいけど、すごく楽しかった!」と笑顔を見せました。体験授業の最後に三宅選手は、「夢や目標をもって、あきらめずに努力してください。失敗してもいいんです。僕もたくさん失敗してきました。それでも前を向いてチャレンジすることが大切です。一歩一歩、進んでいきましょう」と子どもたちに力強いメッセージを贈りました。

車いすバスケットボールとは

コートの広さやゴールの高さをはじめ、一般のバスケットボールとゲームルールはほぼ同じ。障がいの程度によって持ち点によるクラス分けがされ、1チーム5人でコート上の合計が14.0以内になるように編成する。クラスによってできること、チーム内での役割が変わり、戦略に大きな影響を与えるのが面白みのあるところ。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

共生社会について
考えるきっかけになるように

欧米に比べて日本はまだ障がい者スポーツを、障がい者と健常者が一緒にプレーし楽しむ機会がなかなかありません。一緒にプレーすることで心のバリアフリー化が進み、障がい者への理解が深まり、みんなが暮らしやすい社会について考えていくようになると思います。今日のような体験授業が、共生社会の入口になることを願っています。また来年の東京パラリンピックは、色々な競技を見て、応援してください。会場でなくてもテレビを通しても、皆さんの応援が力になります。

上村選手

参加者の声 参加者の声

競技用車いすの構造を初めて知って、すごく考えられた設計だと思いました。実際に乗って、ターンはむずかしかったけれど前へ進むのは楽しかったし、チームリレーも盛り上がりました。

6年生 男子

障がい者スポーツは障がい者の人がやるものだと思っていましたが、外国では障がいがない人も一緒にやるスポーツだと知りました。私も今日とても楽しかったので、これからも車いすバスケをやってみたいと思います。

6年生 女子

テレビや本で見ること以上に、障がい者スポーツを実際にプレーできたことが、子どもたちにとって素晴らしい体験になりました。来年の東京オリンピック・パラリンピックが、身近なものになったと思います。またプレーしてみて、アスリートのスゴさを目の当たりにし、そのためにどれだけ努力を重ねてきたか、そういうことも子どもたちは感じてくれたと思います。

浪元先生

「共創共生」という企業理念の実践と、私自身がパラリンピックのスポーツを知りたいという思いがありました。構える必要はまったくなくて、初心者でもなじみやすいと思いましたし、みんなが純粋に楽しんでいる様子を見て、一緒にできるスポーツなんだと実感しました。

当社社員

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ