Report チャレンジド・ビジット レポート Report チャレンジド・ビジット レポート

東京都江戸川区立松本小学校
×
ブラインドサッカー

※「チャレンジド・ビジット」(主催:朝日新聞社)は、東京2020公認教育プログラム(ようい、ドン!)の一つです。

※大和ハウス工業は、東京2020オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)です。

教育プログラム[ようい、ドン!] 教育プログラム[ようい、ドン!]

初めてのブラインドサッカー
体験を通して学んだ、
「できないことを皆で協力して
できるようにする」ことの大切さ

今回、江戸川区立松本小学校を訪れたのは、ブラインドサッカー日本代表の加藤健人選手、日本ブラインドサッカー協会の小島さん、原田さんの3人。5年生と6年生が注目する中、加藤選手は「まずプレーを見てください」とアイマスクを着用し、パス交換やドリブル、シュートを披露。転がると音の鳴るボールを巧みに操る加藤選手の華麗な姿に、子どもたちから「えーっ!」「すごい!」と歓声が上がりました。

体験授業では、子どもたちがアイマスクを着けてパスの正確さを競うゲームに挑戦。最初は「見えない世界」に戸惑っていた子も、声をかけるガイド役の子と協力し合うことで、だんだんと動きが良くなっていきました。加藤選手は最後に、「僕が大切にしているのは『始めなければ始まらない』という姿勢です。やる前からあきらめないで、どうしたらできるか考えて挑戦したい」と言い、その熱い想いは子どもたちの心にしっかりと響きました。

ブラインドサッカーとは

フットサルと同じ20m×40mのピッチで、フィールドプレーヤー4人、ゴールキーパー1人で、20分ハーフで試合をする。位置が分かりやすいように、ボールは転がると音が鳴り、目の見える「ガイド」「ゴールキーパー」が攻守の指示を出す。試合中の選手にとって頼りとなるのがガイドの「声」。観客の想像を超え、ピッチを自由に駆け巡る、迫力あるプレイを見ることができる。

アスリートからのメッセージ アスリートからのメッセージ

多くの人にブラインドサッカーを
知ってもらいたい

今日の出張授業のように、最近はブラインドサッカーを紹介する行事に参加させてもらうことが多くなっています。子どもたちが喜んで取り組んでいる様子は声などを聞くとわかるので、僕自身もパワーをもらっています。ブラインドサッカーを知ってもらい、応援してくれる人が増えてくれれば嬉しいですね。来年に向けて、1年と少しですが毎日しっかり練習してレベルアップしていきたいと思っています。

加藤選手

参加者の声 参加者の声

目が見えなくなって、家にこもってしまったあと、ブラインドサッカーと出会って努力を続けてきた加藤選手が格好いいと思いました。「始めなければ始まらない」という言葉が印象に残っています。私も目標をもって、努力することを始めたいと思います。

6年生 女子

今日の授業を通して、障がいは一つの個性だと思いました。加藤選手のプレーもスゴかったし、お話しも感動しました。僕はプロ野球選手になるのが夢ですが、加藤選手のように努力して夢を達成したいと思いました。

6年生 男子

子どもたちにとって今日は素晴らしい授業になりました。ブラインドサッカーという障がい者スポーツを身をもって体験し、その面白さと同時に、障がい者の方への理解も深めることができました。日本ではまだまだ遅れているユニバーサル社会の実現に向けて、子どもたちには垣根のない世の中を築いていくチカラになっていって欲しいです。

高瀬校長

目が見えないなかでスポーツをしてそれを究めていく姿勢は素晴らしいですね。子どもたちには加藤選手の姿を通して努力する大切さと、その後にきっと喜びがあることを知ってもらいたいです。また障がいのある方と接する機会を増やすことが共生社会への第一歩なので、このような出張授業に意義があると思います。

当社社員

子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」 子どもたちの感動を伝える 「チャレンジド・ビジット新聞」

障がい者スポーツを体験する授業「チャレンジド・ビジット」に参加して、
これまで知らなかったさまざまな事柄に気づいた子どもたち。
その感動や驚きを、一人ひとりが絵と記事で綴った「チャレンジド・ビジット新聞」をご紹介します。

※50音順

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ