Athlete アスリートとともに Athlete アスリートとともに

自分を障害者だと思ったことは一度もない。泳ぐことで世の中の偏見をなくしたい。 自分を障害者だと思ったことは一度もない。泳ぐことで世の中の偏見をなくしたい。

一ノ瀬 メイ選手 リオ2016パラリンピック 水泳日本代表 一ノ瀬 メイ選手 リオ2016パラリンピック 水泳日本代表

Profile プロフィール Profile プロフィール

一ノ瀬 メイ 選手
Mei Ichinose

1997年京都府生まれ。近畿大学水上競技部に所属し、現在は4回生。障がいは、先天性の右前腕欠損。京都市障害者スポーツセンターの近所に住んでいたことがきっかけで水泳を始める。2010年アジアパラ競技大会に史上最年少13歳で出場し50m自由形(S9)で銀メダル。リオ2016パラリンピックでは8種目に日本代表として出場。現在200m個人メドレー(SM9)、50m自由形(S9)など5種目の日本記録を持つ。最も得意とする種目は個人メドレー。

Interview インタビュー Interview インタビュー

水泳をはじめたきっかけは?

小さい時に住んでいた家の近くに、京都市障害者スポーツセンターという施設があって、両親がそこに連れていってくれました。たまたまそこの職員さんで、当時のパラリンピック水泳日本代表監督の猪飼さんがいらっしゃって、山田拓朗選手が13歳でアテネ2004パラリンピックにいくことを聞いて、はじめてパラリンピックの存在を知りました。それからパラリンピックを目指しはじめました。

水泳を始めて大変だったことは?

練習環境を整えることです。小さい時からパラリンピックを目指すことが目標になって、それでスイミングに入ろうと思ったときに、腕の理由で競泳コースに入れてもらえなかったこととか。高校から大学に進学するにあたっても、スポーツ推薦という形で受け入れてくれる大学はなかなか見つからなくて。でも、幸運なことに近畿大学に入って練習ができているんですけど、練習環境を整えるということが一番大変だったかなと思います。

東京では絶対に表彰台に乗りたいです。 東京では絶対に表彰台に乗りたいです。

はじめての、パラリンピックについて。
(リオ2016パラリンピックについて)

経験で終わらせたくなかったけど、経験で終わってしまったパラリンピックという印象が自分の中ではあります。行く前から、パラリンピックは別格だと先輩たちから言われつづけて…自分の中では、なんとなくわかったつもりではいたんですけど。行ってみると、全選手がその日のために4年間を過ごしてきているということが大会の独特の雰囲気をつくっていて。試合前から完全に自分を見失ってしまうというか。地に足がついていなかったなと思うんですけど、悔しい気持ちだけです。よく言っているんですけど、思い返しただけで吐き気がする大会です。

東京2020パラリンピックに向けて。
(調整状況、取組、目標など)

リオは午前が予選で、午後が決勝とか表彰式だったんです。自分は午前にしかやることがなくて。午後は、決勝と表彰式をみるだけで全然楽しくなかったので、やっぱり、パラリンピックはメダルを取りに行く場所だなと感じました。なので、自分も東京では絶対に表彰台に乗りたいです。

その人その人をもっと“個”として見れる社会になっていけばいいな。 その人その人をもっと“個”として見れる社会になっていけばいいな。

One Sky(共生社会)について、
アスリートとして想うこと。

この話をはじめて聞いたときに、すごくわくわくしました。その考え方自体にすごく賛同、アグリーできて、自分がその中の一員として、関われることがうれしく思いました。

共生社会の実現のために、一個人として
どういったことに取り組むべきと思うか。

どうしても、隔離的にパラリンピアンとしてとか、水泳選手としてとか、障害者としてとかそういういろんな括り、立場から話すことが多いんです。でも、リオを経験して今思うことはそういう括りにとらわれず、一個人として想うことをどんどん発言していけばいいなと思っています。日本はなんでも括りたがりだと思う。パラリンピアン、障害者、水泳選手とか…一般的に言えば、オタクとかヤンキーとか…。でも、それぞれの中身を見ればみんな個人それぞれ違う。たとえば、障害者でも、腕が短い人、半身麻痺の人、車いすに乗っている人、視覚障害の人とかいろんな人がいて、それぞれみんな違う経験をして、思ってることもみんな全然違う。だから、その人その人をもっと“個“として見れる社会になっていけばいいなと思っていますし、そういった考えを発信していければいいなと思います。

次世代を担う子どもたちへのメッセージ

山本貴司監督も仰っていたんですけど、大事なのは想像力だと。私の場合は小さいときからパラリンピックに出たいという夢があって。でも、スイミングに入れてもらえないっていう日本の現状を知った。現状を知っただけだったら落ち込んでいただけだったと思うんですけど、自分はラッキーなことにイギリスに行って、一歩進んでいる社会を見れたことで、自分が向かっていく方向がわかったというか。でも、実際そういうラッキーが起こらなくても、理想の社会とかを自分の目で実際に見れなくても、自分の頭の中で向かっていくべきところを想像する…。想像できる人は強いと思います。自分の座右の銘は「眼は遠くを、足は地に」なんですけど、自分の置かれているネガティブなところばっかりに目をむけるんじゃなくて、もっとこうしたら楽しいんじゃないかとかどんどん想像力を膨らませていってほしいなと思います。

Results 戦績 Results 戦績

種目 クラス グラスゴー
世界水泳
2015年7月
リオ2016
パラリンピック
2016年9月
2018
ジャパンパラ
水泳競技大会
2018年9月
2018 Asian
Para Games
2018年10月
タイム
50m自由形 S9 31.11 31.22 ※2 (銀)30.73
100m自由形 S9 1:09.51 1:08.77 (2位)1:08.08 ※2 (銀)1:07.44
100mバタフライ S9 1:17.30 1:15.63 (2位)1:12.28 ※2 (銀)1:12.09
100m平泳ぎ SB9 1:27.85 1:27.15 (2位)1:30.72 (銅)1:28.55
100m背泳ぎ S9 ※1 1:18.97 1:20.76 (4位)1:19.15 (銅)1:20.00
200m個人メドレー SM9 2:46.11 2:44.33 (2位)2:44.08 ※2 (銀)2:42.68
女子400mリレー 4:48.27 (銀)5:19.15
女子400mメドレーリレー 5:21.68 (銀)4:49.59

※1:日本新記録(2016年当時)
※2:日本新記録(2018年現在)

リオ2016パラリンピック 
金メダリスト

エリー・コール選手
Ellie Cole

足を失ったことですべては始まった。
泳ぐことで
誰かの希望になりたい。

詳しく見る

大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。 大和ハウス工業は、グループ5社とともに「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京2020大会を応援しています。

私たちは、創業以来、戸建住宅から大型施設の建設まで幅広い事業領域での活動を通じて、社会とともに新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。

オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、スポーツの感動を通じて皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献していきます。

家、そして近未来をつくる TOKYO 2020 Daiwa House TOKYO 2020 PARALYMPIC GAMES 東京2020オフィシャル施設建設&住宅開発パートナー

このページの先頭へ