事業領域

  • Housing
  • Business
  • Life
  • Global
  • 大和ハウスグループのまちづくり
  • Spirit of Hearts

Global

インドネシア

経済成長を支える社会インフラの構築へ

総開発面積
1,450ha
(2015年3月31日現在)

※予定地含む

インドネシアでは、現地のパートナー企業と共同で「ダイワ・マヌンガル工業団地」の開発に参画し、建設請負事業とレンタル工場を展開しています。ジャカルタ市内から近い立地の優位性を活かして積極的な誘致活動を進める中、当社は、工場建設の施工体制を整え、同工業団地内において自動車部品メーカーを中心に発注を受け建築請負実績も増加するなど、事業は好調に推移しています。2014年12月に完成したレンタル工場は、初期投資を抑えながら海外進出できることなどから、日系企業を中心に多くの引き合いを受けています。

人口約2億4,000万人を擁するインドネシアでは、国内需要が拡大し、企業は生産ラインの拡充を活発化させています。これに伴って物流インフラの必要性が高まり、物流倉庫に対する新たな需要が生まれています。そのような市場環境に着目し、2015年6月、現地パートナーと共同で当工業団地内に約2.5万m2のマルチテナント型賃貸物流センターの開発に着手しました。同センターは、高速道路へのアクセスに優れ、生産から物流にいたる各施設を同工業団地内で提供できる強みを有しています。今後、日系企業や海外企業へ誘致活動を推進し、インドネシアの経済成長を支える社会インフラの構築を目指していきます。


  • TOP

このページの先頭へ