2016年4月25日

報道関係各位

株式会社フジタ
代表取締役社長 奥村洋治

-国土交通省東北地方整備局内の復興支援道路トンネル工事で実用-

覆工コンクリート施工をリアルタイムに三次元可視化

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:奥村洋治)は、国土交通省東北地方整備局発注の円渕トンネル工事(福島県相馬市)において、覆工の打込み状況をリアルタイムに“三次元的に見える化”できる『覆工コンクリート施工管理システム』を開発しました。覆工ウォッチャー®(※1)と圧力ウォッチャー®を用いて、コンクリートの打込み位置とセントル(※2)に作用するコンクリートの圧力をリアルタイムに測定し、コンクリートの施工状況を大型モニタに三次元表示させるものです(写真1,2)。

※1覆工ウォッチャー:NETIS登録技術(KT-140049-Aコンクリート充填ウォッチャー)を覆工用に改良
※2セントル:トンネルの覆工コンクリートを構築する際に使用する移動式型枠


このページの先頭へ