2016/07/29

報道関係各位

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野 直竹
大阪市北区梅田3-3-5

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会オフィシャルパートナーに決定

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:大野直竹)は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と「東京2020スポンサーシッププログラム」における「東京2020オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)」契約を締結しました。

当社は「人・街・暮らしの価値共創グループ」の一員として、創業以来、戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、リフォーム、商業施設や物流施設、医療介護施設の建設など幅広い事業領域での活動を通じて、皆様と共に新たな価値を創り、活かし、高め、すべての人が心豊かに生きる暮らしと社会の実現を目指しています。また、「心を、つなごう」を経営ビジョンに、皆様の住まいへの夢を具現化するなど、生涯にわたり喜びを分かち合えるパートナーとなって永遠の信頼を築くことを目指しています。

日本スポーツ界においては、2009年からJOCオフィシャルパートナーとしてオリンピック日本代表選手団を応援し、様々なスポーツ活動を支援してきました。また、2010年9月には日本を代表するスピードスケート選手である及川佑選手を職員として採用し、2012年2月には女子ゴルフの大山志保選手と所属契約を締結するなど、スポーツの感動を通じて人が喜びを共有し、心豊かに生きる暮らしをサポートしています。

当社は今後も「東京2020スポンサーシッププログラム」を通じて、オリンピック・パラリンピック日本代表選手団ひいては日本スポーツ界を応援し、皆様の心に感動を築いていくとともに、「施設建設&住宅開発」のオフィシャルパートナーとして、東京を世界に誇れる都市にするための事業活動を行うことで、東京2020大会の成功に貢献してまいります。

■契約概要

契約プログラム

東京2020スポンサーシッププログラム

契約内容

オフィシャルパートナー(施設建設&住宅開発)

呼称やマークなどを使用し、オリンピック・パラリンピックムーブメントの盛り上げや、日本代表選手団の支援、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に貢献します。

契約期間

契約締結日~2020年12月31日

対象

<大会>

32回オリンピック競技大会(2020/東京)

東京2020パラリンピック競技大会

<日本代表選手団>

31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)

リオデジャネイロ2016パラリンピック競技大会

23回オリンピック冬季競技大会(2018/平昌)

平昌2018パラリンピック冬季競技大会

3回ユースオリンピック競技大会(2018/ブエノスアイレス)

3回ユースオリンピック冬季競技大会(2020/ローザンヌ)

32回オリンピック競技大会(2020/東京)

東京2020パラリンピック競技大会

領域

日本国内

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


  • TOP

このページの先頭へ