2016/10/31

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 大野 直竹
大阪市北区梅田3-3-5

■大和ハウスグループ初の統合報告書

「 大和ハウスグループ統合報告書 2016 」発行

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、2016年10月31日、当社グループとして初となる「大和ハウスグループ統合報告書 2016」を発行しました。

 現在、コーポレートガバナンス・コード(※1)の適用等により、企業経営にはさらなる透明性・情報開示が求められています。このような状況を踏まえ、当社ではグループ全体の事業戦略や財務状況などの財務情報とESG(※2)等に関する非財務情報をわかりやすくまとめた「大和ハウスグループ統合報告書2016」を発行することとなりました。

 本誌は、株主・投資家を対象として、当社グループの中・長期的な企業価値向上に向けた取り組みを5章に分けて紹介しています。

 今後、当社は本誌を株主・投資家とのコミュニケーション・ツールとして活用し、積極的な対話を通じて、持続的な成長を目指します。

※1.東京証券取引所が実効的なコーポレートガバナンスの実現に資する原則を取りまとめたもので、有価証券上場規程の別添として整備されたもの。

※2.環境:Environment、社会:Social、ガバナンス:Governanceの略語のこと。

「大和ハウスグループの統合報告書 2016」

●「大和ハウスグループの統合報告書 2016」の概要

第1章 大和ハウスグループの価値創造ストーリー

当社グループの経営理念に基づき、創業当時から現在までの歴史を掲載するとともに、将来の成長に向けた布石や姿勢などを紹介しています。

第2章 社会的貢献

「事業価値の向上」をテーマに、安定的な営業キャッシュ・フローを確保するための ロードマップを、第5次中期経営計画の方針や事業戦略に基づいて紹介しています。

第3章 株主価値創造

「財務基盤の強化」をテーマに、最適資本構成に基づいたROE(※3)の維持・向上に向け、中長期的かつ安定的に資本コスト(※4)を上回る経済的価値を生み出すための財務戦略について紹介しています。

第4章 エンドレスハート(※5)の価値向上

「無形資産の蓄積」をテーマに、中長期的なキャッシュ・フローに影響を与える、人財やブランド価値などの無形資産に対する取り組みについて紹介しています。

第5章 経営体制

「資本コストの低減」をテーマに、信頼性・透明性の高いコーポレートガバナンス体制ならびに株主・投資家との対話実績などについて紹介するとともに、社外取締役のメッセージも掲載しています。

 

※3.自己資本利益率のこと。株主が投資した金額で、企業がどのくらい利益をあげているのかがわかる指標。

※4.企業の資金調達に伴うコストのこと。

※5.大和ハウスグループのシンボルのこと。

■「大和ハウスグループ統合報告書 2016」について: http://www.daiwahouse.com/ir/ar/

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


  • TOP

このページの先頭へ