多様な従業員が柔軟に働ける職場づくり(ダイバーシティ&インクルージョン)

大和ハウスグループは、創業100周年となる2055年には売り上げ10兆円の企業グループとなる創業者の夢を共有し、役職員一丸となって目標に向かって挑戦し続けています。そのための最大の経営資源は「人財」です。
これから世界に貢献できる企業グループに成長していくためには、変化し続ける社会や多様な価値観に柔軟に対応し、潜在的な市場を発掘できる新たな価値の創出が必要となってきます。それには社員の多様な価値観、ジェンダー、世代、民族、言語、文化、障がいの有無、ライフスタイルなどを活かした視点や発想を活用することができる職場風土を醸成し、今までの常識や既成概念にとらわれない発想を継続的に生み出すことのができる組織を形成していかなければなりません。
当社では多様性の一つである「女性」社員の活躍推進をダイバーシティ推進の試金石として積極的に取り組んできました。2005年に女性活躍推進プロジェクトを立ち上げ、2007年には専任組織である「Waveはあと推進室」を設置。2015年4月には同推進室を「ダイバーシティ推進室」に名称変更、2019年5月からはサステナビリティ企画部内に組織改編しました。
第6次中期経営計画においても女性やシニア、LBGT等、多様な社員が一層活躍できる職場づくりに積極的に取り組んでいきます。

多様な人財活用への取り組み

多様な人財活用1
女性活躍推進

ポジティブ・アクションの取り組みを進めています。

多様な人財活用2
シニア層・障がい者・グローバル人財

シニア層の活躍推進、障がい者の雇用促進、グローバル人財の育成について

ワークライフバランス

社員が「仕事」と「生活」を充実させ、成長し続けることをサポートしています。

News

「なでしこ銘柄」に5年連続で選定されました

当社は経済産業省と東京証券取引所が女性活躍推進に優れた上場企業を選出する「なでしこ銘柄」に2015年から5年連続で選定されました。
なお、2016年には住宅・建設業界で初めて「新・ダイバーシティ経営企業100選」と同時受賞しています。
今後も当社は多様な人財が多角的な視点を持って企業経営に参画できるよう、女性活躍推進も含めたダイバーシティ経営の強化に努めていきます。


このページの先頭へ