Daiwa Sakura Aid

理念 詳細を見る

世界に誇れる宝物を、次世代につないでいく。

「土」に、「生」きる

土から芽を出し、時間をかけて生長し、美しい花を咲かせて、私たちの心を豊かにしてくれる桜。
この「土」と「生」の文字には、サクラを守り育て、ずっと先の未来へ伝えていきたいという、
Daiwa Sakura Aidの願いが込められています。

Daiwa Sakura Aid ミッション

桜は長い歴史の中で、私たちに寄りそう存在であり、私たちを魅了する不思議な力があります。先人たちから託されたバトンを今度は吉野で生まれ育てられた私たちがステークホルダーのみなさまと共につないでいきます。

詳細はこちら

活動について

桜を次世代につなぐ

創業者ゆかりの地・奈良県吉野山を中心に、日本を象徴する花である桜と、これまで大切に受け継がれてきた素晴らしい風景を次世代につなぐ活動を、日本全国にある事業所とともに実施しています。

吉野山桜保全活動

現地吉野山でボランティア活動を実施し、地元の方と協働で、種から元気な苗木を育て桜の世代交代を行っています。

桜プロジェクト

全国の小学校や幼稚園・保育園を中心に和楽器の演奏・体験と桜の植樹を行っています。

イベント活動・ツールのご紹介

吉野山での桜保全活動を中心に現地での活動の様子をお伝えします。

これまでの取り組み

これまでの活動実績をご報告いたします。

取り組みへの評価

当取り組みに対する社外の評価をご報告いたします。

Daiwa Sakura Aid

  • TOP

このページの先頭へ