社会への取り組み

共に創る。共に生きる。

商品やサービスを通じて、暮らす人と共にあること。
大和ハウスグループは幅広い事業を通じて人が心豊かに生きる社会の実現を目指すとともに、
「共創共生」をテーマにCSR活動を推進しています。

社会トピックス TOPICS

Daiwa Sakura Aid

CSR活動の一環として、創業者ゆかりの地、奈良県・吉野山をはじめとした桜の保全活動に取り組んでいます。

地域共生活動

「地域共生活動理念」を掲げ、対話を通じて地域課題を認識しその解決に向けた活動を目指しています。

ステークホルダーミーティング

ステークホルダーと対話を行い、社会のニーズに応えるために、2004年度より毎年公募制によるステークホルダーミーティングを行っています。

ダイワログ

ステークホルダーの皆さまと、社会情勢に応じた重要テーマについて語り合っていく取り組みです。

ダイバーシティ推進

多様な人財による新たな価値創造を目指しています。

CSR経営の基盤

当社独自のマネジメントシステム「CSR自己評価指標」の運用など、CSR経営基盤の強化に向けた取り組みをご紹介します。

社会トピックス CONTENTS

お客さまと共に

CS活動を通じて「お客さまの声」をあらゆる事業活動に反映し、「お客さま志向」から一歩踏み出した「個客思考(お客さま一人ひとりの立場で考える)」を行動の規範にしています。お客さまに愛される企業であることを理念に、企業活動を推進しています。

取引先と共に

施工協力先、資材調達先、設備機器調達先からなるサプライチェーンネットワークを構築しています。自主的に運営する3つの組織の運営をサポートし、各組織が重要課題や目標を定め取り組みを推進することで、共存共栄のもとで優れた品質を保持しています。

株主と共に

経営トップがIR活動を主導・推進し、企業価値のさらなる向上を目指し、株主・投資家のみなさまとの長期的な信頼関係の構築に努めます。積極的な双方向コミュニケーションに取り組むとともに、いただいたご意見を真摯に受け、企業価値の最大化に取り組んでいます。

地域市民と共に

全国各地に事業所を展開する大和ハウスグループは事業活動を行う上で、地域社会との関係が不可欠です。私たちは地域の人々との対話により、地域の課題を認識し、地域共生活動を通じてその解決に取り組んでいます。

従業員と共に

「事業を通じて人を育てること」を企業理念に掲げ、「人財」こそが最大の財産であると考えています。社員の個性や能力を伸ばし、活かす先進的な取り組みを推進するとともに、個人のライフスタイルや価値観、働き方に柔軟に対応できる体制の構築しています。

CSRレポート2016

サステナブル経営の実現に向けた考え方や、ESGの取り組みをまとめた年次報告書。今年度新たに策定したサステナブル・ビジョンや中期CSR計画をご紹介しています。

詳しくはこちら

本レポートに関するご意見・ご感想をお聞かせください。

皆さまからいただいた貴重なご意見やアドバイスを、今後のCSR活動全体やCSRレポートの作成等に活かしたいと考えています。ぜひ、ご回答ください。

アンケートのご回答はこちら


  • TOP

このページの先頭へ