世界の環境共生住宅

世界の環境共生住宅

地球には実にさまざまな気候や風土があり、そこで人々が生活を営んでいます。地球で一番暑いといわれるアフリカ東部では最高気温は50℃にもなり、最も寒い村といわれるロシアのオイミャコンでは氷点下71.2℃を記録したことがあります。そこで暮らす人々は長い歴史の中で、それぞれの地域でそれぞれの自然環境に適した暮らし方を工夫し、先人たちの知恵を『環境共生の住まい』として受け継いでいます。

大和ハウスでは、そうした先人たちの知恵に学びながら最新の技術を用い、新しい環境共生住宅の開発・普及に力を入れています。世界のさまざまな住宅のご紹介を通じて、これからの『環境共生住宅』を皆さまと共に考えていきたいと思います。

Vol.10 海に浮かぶ家(フィリピン・スールー諸島)

フィリピン南部には、海の上で暮らすサマ・ディラウトの家船があります。屋根を載せた風通しの良い家にいながら移動や漁、隣人との交流を可能にしています。

Vol.9 ピグミーの森の家(コンゴ・イトゥリの森)

アフリカのコンゴ民主共和国には、森の中のキャンプ地を移動しながら、木の枝と葉っぱを素材にした家を作って暮らす狩猟採集民エフェ・ピグミーの住まいがあります。

Vol.8 床暖房と板の間のある家(韓国・ソウル)

韓国には、寒い冬を暖かく過ごすための床暖房システムが備わった伝統的住居があります。他にも、中庭に日本の縁側のような板の間をつくるなど、陽があたり風が通り抜ける快適な住まいです。

Vol.7 洞窟の家、カッパドキア(トルコ)

トルコのカッパドキアでは岩を掘って作られた洞窟の家で暮らしています。保温性の高い洞窟は冬でも暖かく暮らせます。

Vol.6 移動できる家、ゲル(モンゴル)

遊牧(ゆうぼく)の盛んなモンゴルでは、移動に便利なゲルが昔からの住まいとして使われています。風が強く、寒暖の差が大きい気候にあわせた工夫をしています。

Vol.5 土の中の家、ヤオトン(中国)

中国の黄土高原では、地面に穴を掘って地下に作られた家で暮らす人々がいます。地中の温度の特徴を上手に活かす知恵です。

Vol.4 風の塔の家(イラン中部)

電気を使わずに自然の風を家の中に取り込む塔や、季節によって住む場所を変えるなど多くの工夫がされています。

Vol.3 とんがり屋根の石の家(南イタリア)

とんがり帽子のような屋根が連なる南イタリアのトゥルッリという円い石造りの家は、冬暖かく、夏涼しい工夫がいっぱいです。

Vol.2 雪の家、イグルー(カナダ北部)

北極近くのとても寒い地域に住むイヌイットたちの家、イグルーは、雪だけで作られています。厳しい環境でも暖かく暮らす知恵がつまった家です。

Vol.1 鞍型屋根の家(インドネシア)

スマトラ島北部のトバ湖近くに住む人々、バタク・トバの住まいは、湿度の高い気候でも暮らしやすいつくりで、美しく反った屋根が特徴です。

参考文献
Vol.1〜Vol.8:布野修司編『世界住居誌』昭和堂、2005年
Vol.9〜Vol.10:佐藤浩司編『シリーズ建築人類学《世界の住まいをよむ》』学芸出版社、1998-1999年


  • TOP

このページの先頭へ