安全かつ健康的に働くことのできる職場

考え方・方針

大和ハウスグループは、従業員が安全かつ健康的に働くことのできる職場を確保することが、人権の尊重における基本的な取り組みの一つであると捉えています。そして、従業員一人ひとりの成長を促し、能力を活かす環境づくりに欠かせない要素であると共に、社会への貢献と事業の持続的な発展にとって重要と考えています。そこで「大和ハウスグループ企業倫理綱領・行動規範」において、「健康管理・安全衛生への配慮」を掲げ従業員の心身の健康維持を推進し、規律正しい職場づくりに注力しています。

また、安全衛生管理規程に則り、職場や工事現場における安全の維持管理について、従業員と共に安全な環境の整備を継続的に行っています。加えて、「安全衛生推進基本方針」を毎年度設定し、事業所毎に方針・目標の設定、体制の構築を行うことで、当社と取引先の従業員など働く人の安全を最優先とした現場づくりに努めています。こうした現場づくりのため、当社と取引先の従業員の安全に対する知識の習得や意識の向上も重要であると考え、指導や教育に取り組んでいます。

当社グループは、従業員に対して、長時間労働撲滅と健康管理の着実な実施を働きかけることを通じて、健康経営を推進し、ひいては労働生産性を向上させることが重要であると考えています。こうした国内での関心が高い労働慣行の課題に取り組むだけでなく、国際労働機関(ILO)の「中核的労働基準」や各国の労働法の遵守を通じて、強制労働や児童労働の防止に努めるのはもちろんのこと、事業のグローバル化に伴う各種感染症の予防に努めるなど、グローバルな課題に対しても取り組んでいきます。

マネジメント

取締役会による安全衛生の監督体制

当社は、安全担当に取締役常務執行役員を、安全衛生のマネジメントの中心となる「中央安全衛生管理委員会」の委員長に代表取締役専務執行役員を任命しており、取締役会による安全についての監督体制を設けています。

また、技術部門および生産部門、管理部門の役員や部門長を構成委員とした「中央安全衛生管理委員会」を定期的に開催し、安全・衛生に関する現状を把握するとともに、課題について協議しています。委員会の内容については、取締役・執行役員が参加する合同役員会で発表し、「安全衛生推進基本方針」に盛り込んでいます。

安全管理の組織体制としては、「総括安全担当」に取締役常務執行役員を、建物の施工を推進する「施工推進部安全担当」に戸建住宅・集合住宅・建築系施工の計5名の執行役員を任命しています。

各事業所の安全に関する重要事項については、「施工推進部安全担当」と安全管理部から適宜、「総括安全担当」へ報告を行い、さらに「総括安全担当」からは適宜、取締役および監査役へ報告を行っています。安全衛生に関する取り組みについては統括的な管理をすることで、各事業所への指揮命令のラインを明確にしています。

労働安全に対するリスク管理体制

建設業を主体とする当社にとって、建設現場での事故は重要度の高いリスクです。そこで、重篤な事故については、リスク委員会の事務局に報告させており、上述のマネジメントと合わせて全社規模で再発防止につながるように努めています。

従業員への安全衛生についての周知徹底

当社は、従業員が行うべき安全衛生に関する「目標」を周知するため、毎年度「安全衛生推進基本方針書」を発行しています。あわせて、目標を達成するために、各事業所の所長と従業員は「安全衛生推進基本方針書」の内容を把握すると共に、両者が協議の上「安全衛生管理計画書」を作成しています。また、半数以上が一般職で構成される安全衛生委員会や安全衛生協議会を通じて、計画書の内容を従業員や協力会社に周知し、安全衛生管理体制の強化を図っています。こうした取り組みを通じて、「災害ゼロ」で作業効率の高い職場環境の充実を目指しています。


このページの先頭へ