2018年9月19日

ニュースレター

株式会社ロイヤルゲート
代表取締役社長 梅村 圭司

■改正割賦販売法に対応する加盟店のセキュリティ対策負荷を大幅に軽減

国内初 自社決済端末を利用した「P2PEソリューション」のプロバイダー認定を取得

 大和ハウスグループの株式会社ロイヤルゲート(本社:東京都港区、社長:梅村圭司、以下「当社」)は、2018年9月4日、社会課題であるキャッシュレス社会の進展に向け、クレジットカード業界のセキュリティ標準化協議団体であるPCI SSCが定める「PCI P2PEソリューション(※1)」のプロバイダー認定を取得いたしました。
※1.カード情報を読み取ったPOS 端末のカードリーダーデバイスから決済ネットワークに至るまで、カード情報を暗号化し安全に伝送処理する仕組み。


このページの先頭へ