2020年8月20日

報道関係各位

大成建設株式会社
名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター
モノプラス株式会社

-ロボット導入による病院ニーズの探索と病院内業務効率化を検証-

多目的ロボット「temi」を活用した、新たな病院運用の実証研究を開始

 大成建設株式会社(社長:相川 善郎)、名古屋大学医学部附属病院メディカルITセンター(センター長:白鳥 義宗)、モノプラス株式会社(社長:秋葉 淳一)は共同で、市販の自律走行型多目的ロボット「temi」(※1)(以下、temi)に、PC・モバイル端末を利用して動作を指示できる人とロボットとのコミュニケーションツール「BuddyBot」(※2)(以下、BuddyBot)を搭載し、新たな病院運用システムの実証研究を開始しました。本研究は、大成建設が進める先進的ICTを活用した効率的な運用を行う次世代型病院(スマートホスピタル構想(※3))を実現させることを目的としております。
※1. temi
  AIによるコミュニケーション、あらかじめ登録した道順の案内や誘導、ビデオ電話機能等を搭載した自律走行型の多目的ロボット
※2.BuddyBot 
  病院運用の業務シナリオに合わせて、temiやその他機器の連動動作の実現を可能とする、人とロボットとのコミュニケーションツール。PC・モバイル端末等を利用し、声掛け内容や行動パターンの「ブロック」を組み合わせることで、temiに病院内での対応を指示
【モノプラス株式会社の商標です(商標登録出願中)】
※3.スマートホスピタル構想:
  AIやIoT、ロボティクスなどの先進的ICTを活用し、施設運用、施設内動線、施設内物流を効率化・最適化させて変革することで施設の在り方そのものを大きく変えるデジタルトランスフォーメーションを具現化した、次世代型病院の実現に向けた革新的な取り組み


このページの先頭へ