大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

2022年5月23日

報道関係各位

大和リース株式会社

~居心地の良い空間づくりとともに、脱炭素等の社会課題解決への貢献へ~

『公共空間マネジメント(滞留性向上)』に向け、
“道路空間の広場化”社会実証を開催

 大和リース株式会社(社長:北 哲弥)が参画する横浜Park Line推進協議会(※1)(以下YPL、代表企業・大成建設株式会社)は、横浜市都心臨海部に立地する日本初の西洋式街路「日本大通り(横浜市中区日本大通り)」の道路空間にて『公共空間マネジメント(滞留性向上)』に関する社会実証(以下、本実証)を実施します。
※1横浜ParkLine推進協議会(YPL)
…公共インフラの老朽化、公共インフラ市場の民間開放などの社会的背景を踏まえ、将来の公共インフラのあり方、公共空間の新たな活用方策を調査・研究することを目的に設立された任意団体「これからの公共インフラのあり方に関する研究会」の分科会。横浜市都心臨海部における「水際(ウォーターフロント)」と「まちなか(関内・関外地区)」をつなぎ、回遊性・滞留性・快適性向上に資する「ウォーカブル(居心地が良く歩きたくなる)」なまちづくりの実現を目指すための研究や社会実証を行う。

-->