2018/10/03

ニュースレター

大和ハウスグループ 6商品がグッドデザイン賞を受賞

 大和ハウスグループ3社では、公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「2018年度グッドデザイン賞」に応募し、「中~大規模集合住宅」、「共同住宅」、「商業のための建築・空間・サインシステム」、「地域・コミュニティづくり」の4部門において、6商品が受賞しました。

 ■ 2018年度グッドデザイン賞受賞商品

 

受賞部門

商品・プロジェクト名

会社名

中~大規模集合住宅

分譲マンション「プレミストひばりが

/HIBARIDO(ひばりどう)」

大和ハウス工業株式会社

株式会社コスモスイニシア

中~大規模集合住宅

分譲マンション「イニシア桂大橋」

株式会社コスモスイニシア

共同住宅

分譲マンション「イニシア世田谷松陰神社前」

株式会社コスモスイニシア

商業のための建

空間・サインシステム

「APARTMENT HOTEL MIMARU

(アパートメントホテル ミマル)」

株式会社コスモスイニシア

商業のための建築

空間・サインシステム

カプセルホテル「9h(ナインアワーズ)竹橋」

株式会社コスモスイニシア

地域・コミュニティづくり

託児サービス付きサンドウィッチカフェ「ichi(イチ)」

株式会社コスモスモア

 

 

 

●グッドデザイン賞について

グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで約60年にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開されており、現在受賞件数は約45,500件に及び、今日では国内外の多くの企業や団体が参加しています。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、優れたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

■グッドデザイン賞公式WEBサイト URL:www.g-mark.org/

 

受賞商品と評価ポイント

中~大規模集合住宅部門受賞

分譲マンション「プレミストひばりが丘/HIBARIDO

 マンションに付設するシェア施設「HIBARIDO」がコミュニティ形成に有効に作用すると評価。

中~大規模集合住宅部門受賞

分譲マンション「イニシア桂大橋」

 奥行3mのバルコニーをもう一つの居住空間としたライフスタイル中心の視点を評価。

共同住宅部門受賞

分譲マンション「イニシア世田谷松陰神社前」

 周辺環境との調和を生み出す雁行配置と、その構造を利用した快適な居住空間の創出を評価。

商業のための建築・空間・サインシステム部門受賞 

APARTMENT HOTEL MIMARU

 4人以上の宿泊を前提とした設定や団らんスペースの確保など、ユニークなコンセプトが評価

商業のための建築・空間・サインシステム部門受賞 

カプセルホテル「9h竹橋」

 カプセルという「個」の特性を活かして再構築することで独自の空間体験を創出していることが評価。

地域・コミュニティづくり部門受賞

託児サービス付きサンドウィッチカフェ「ichi」

 育児中の母親の働きやすい環境と共助コミュニティの形成を目的とした場づくりとして評価。

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ