2019/02/22

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井 敬一
大阪市北区梅田3-3-5

「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2018」において「東京都知事賞」を受賞しました

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、一般社団法人 日本取締役協会が主催する「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2018」(※1)(後援:金融庁・経済産業省・法務省・東京都・株式会社 東京証券取引所(日本取引所グループ))において、「東京都知事賞」を受賞しました。

※1.「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー」は一般社団法人日本取締役協会の登録商標です。

 「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー」は、日本取締役協会が、コーポレートガバナンスを用いて中長期的に健全な成長を遂げている企業を応援することを目的に2015年度から開始した表彰制度です。

 今回、当社はESG(※2)や女性活躍推進、環境負荷低減活動、ダイバーシティ対応、働き方改革などの取り組みが優れていることが認められ、「東京都知事賞」を受賞しました。

 この受賞を励みに、引き続き当社はコーポレートガバナンスの強化に努めることで、企業価値向上と持続的成長を目指します。

※2.環境:Environment、社会:Social、ガバナンス:Governanceの略語のこと。

【授賞式】左:東京都知事 小池百合子 氏、右:大和ハウス工業 代表取締役専務執行役員 香曽我部武

●主な「コーポレートガバナンス」向上のための取り組み

時期

実施内容

2013年 / 2016年

業績連動型有償ストック・オプション発行

2015年

コーポレートガバナンスガイドラインを制定

取締役会の実効性評価を開始

指名諮問委員会および報酬諮問委員会の設置

2016年

女性社外取締役の選任

取締役向け株式報酬制度の導入

 

 
「コーポレートガバナンス」に関する基本方針について

https://www.daiwahouse.com/ir/governance/

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ