2019/02/22

報道関係各位

大和ハウス工業株式会社
株式会社ジュピターテレコム

インフラサービスやエンターテインメントサービスにAIやIoTなどの技術を活用

インテリジェントマンションパッケージ「D’Jスマートサービス」を提供開始

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)と、株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井村公彦、以下「J:COM」)は、インフラサービスやエンターテインメントサービスにAIやIoTなどの技術を活用したインテリジェントマンションパッケージ「D’Jスマートサービス」(※1)を開発しました。
 当サービスは、大和ハウス工業が東京都北区において建築を進める分譲マンション「プレミスト東京王子」をはじめ、今後、大和ハウス工業が販売する全国の分譲マンションへ順次導入していきます。

 このたび提供を開始する「D’Jスマートサービス」は、J:COMが提供するインフラサービス(多チャンネルテレビ・インターネット・電話・モバイル・電力)やエンターテインメントサービス(ビデオオンデマンドや電子書籍・音楽配信)に、MEMS(※2)や、エアコン・照明などの家電コントロール(※3)、スマートロック等の最先端テクノロジーを加えたサービスをパッケージとして大和ハウス工業が販売するマンションに導入するものです。

 また、光インターネットを標準装備したことで、これらのサービスを高速の通信環境でご利用いただけるほか、ご入居者はパッケージのサービスについて一括で契約・支払いすることができます。

 

 加えて、当サービスでは、電力会社等から高圧電力を一括受電し、マンションの各住戸に配電することで、電力会社との個別契約(東京電力の従量電灯B)の場合より、電気料金を最大8%(※4)削減することができます。

 今後も大和ハウス工業とJ:COMは、双方のリソースとノウハウを持ち寄り、ご入居者にとって最高の住まいやライフスタイルを提供するインテリジェントマンションの開発に努めます。

※1.商標登録出願中。

※2.マンション・エネルギー・マネジメント・システムの略称。

※3.別途、ECHONET Lite対応家電が必要です。

※4.「プレミスト東京王子」の例。マンション全体でJ:COM NET光サービス(1G)をご契約いただいている期間は、専有部の割引率を11%の割引とします。

●「プレミスト東京王子」物件概要

名称

「プレミスト東京王子」

所在地

東京都北区豊島4丁目1番40他3筆(地番)

総戸数

222戸

(他に管理事務室1戸、パーティールーム(多目的室)1戸、キッズ&ペアレンツルーム[多目的室]1戸、プライベートジム1戸)

事業主・売主

大和ハウス工業株式会社

株式会社コスモスイニシア

間取り

3LDK・3LDK+S(納戸)・4LDK

専有部分

68.58㎡~88.42㎡

お客様

お問合せ先

「プレミスト東京王子」マンションギャラリー

電話フリーダイヤル 0120-004-514  https://www.daiwahouse.co.jp/mansion/regist_man.asp?c_kind=tokyooji&catalog_send=2

 

【「プレミスト東京王子」外観イメージ】

■大和ハウス工業について

 1955年4月5日、「建築の工業化」を企業理念に創業。以来、戸建住宅をコア事業に、賃貸住宅、分譲マンション、商業施設、事業施設(物流施設、医療・介護施設等)、環境エネルギーなど幅広い領域で事業を展開しています。これまでに日本全国で分譲マンション94,001戸を供給してきました。

(2018年10月末現在。プレミスト、D’シリーズ以前の物件・JV物件含む、比率換算、当社調べによる。)

 

■ジュピターテレコムについて  www.jcom.co.jp/

 株式会社ジュピターテレコム(本社:東京都千代田区)は、1995年に設立された国内最大手のケーブルテレビ事業・番組供給事業統括運営会社です。ケーブルテレビ事業は、札幌、仙台、関東、関西、九州・山口エリアの25社73局を通じて約547万世帯のお客さまにケーブルテレビ、高速インターネット接続、電話、モバイル、電力等のサービスを提供しています。ホームパス世帯(敷設工事が済み、いつでも加入いただける世帯)は約2,157万世帯です。番組供給事業においては、17の専門チャンネルに出資及び運営を行い、ケーブルテレビ、衛星放送、IP マルチキャスト放送等への番組供給を中心としたコンテンツ事業を統括しています。

(上記世帯数は2018年12月末現在の数字です。)

 

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ