2020/12/25

報道関係各位

大和ハウス工業株式会社
西部ガス都市開発株式会社
株式会社九州TSUTAYA
正晃株式会社
大和情報サービス株式会社

福岡市「元岡地区研究開発次世代拠点形成事業」
基本協定書締結について

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)と西部ガスグループの西部ガス都市開発株式会社(本社:福岡市、社長:佐藤操)、株式会社九州TSUTAYA(本社:福岡市、社長:髙原祥有)、正晃株式会社(本社:福岡市、社長:印正哉)、大和情報サービス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤田勝幸)は、2020年11月20日に福岡市から「元岡地区研究開発次世代拠点形成事業」(以下「本事業」)の事業予定者に選定され、本日12月25日に福岡市(市長:髙島宗一郎)、ダイハツ九州株式会社(本社:大分県中津市、社長:泉谷卓司)と基本協定書の締結を行いました。

【完成予想図】

 本事業は、福岡市が九州大学と連携して次世代の研究開発拠点の形成を進めるため、ダイハツ九州と福岡市が所有する土地を活用する事業です。大和ハウス工業と西部ガス都市開発が事業主体者として土地を購入し、「知と感性と創造を育む『結び目』となる拠点」をコンセプトに、敷地面積約3.1万㎡で研究開発施設を主体とした複合施設を開発します。施設は、レンタルオフィスやレンタルラボ、物販店舗「BOOK&CAFE」、アウトドアショップ、飲食店、住居などで構成されます。

 「BOOK&CAFE」では、西部ガス都市開発と九州TSUTAYAが共同運営する蔦屋書店などが出店し、交流の起点として施設内外のコミュニティ形成を図るイベントを開催します。また、正晃が研究開発棟で実験機器の共有や研究資材の共同購入などの持続的研究活動推進に向けたサービスの企画立案を主体となって行い、大和情報サービスは施設全体の維持・管理、地域の情報発信等を行います。

 今後は、2022年10月の開業を目指し、福岡市や九州大学との連携・協働を促進することで、地域に密着したサービスを展開していきます。

 

●提案の施設概要

【主な提案内容】

【敷地図】

●施設概要

名称

元岡地区研究開発次世代拠点形成事業

所在地

福岡市西区九大新町5番1~13

交通

「産学連携交流センター」バス停前

JR筑肥線「九大学研都市駅」より昭和バス約11分

敷地面積

31,224.68㎡

延床面積

24,719㎡

建物用途

研究開発棟(レンタルオフィス・ラボ)、 物販店舗棟(BOOK&CAFE)、

店舗棟、住居棟

研究開発棟面積

6,625㎡

物販店舗棟面積

2,976㎡

店舗棟面積

1,470㎡

住居棟面積

13,648㎡

共用駐車台数

374台

事業主体

大和ハウス工業株式会社・西部ガス都市開発株式会社

ビル管理

大和情報サービス株式会社

設計・施工

未定

(第1期)

 

着工

2022年1月予定

竣工

2022年9月予定

開業

2022年10月予定

(第2期)

 

着工

2023年3月予定

竣工

2023年11月予定

開業

2024年春予定

※提案時における主な提案内容であり,今後の協議等により変更になることがあります。

 

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ