2021/07/20

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井 敬一
大阪市北区梅田3-3-5

富士森公園野球場(八王子市民球場)への
「モニュメント・クロック」寄附について

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井 敬一)は、富士森公園野球場(八王子市民球場)に本日(2021年7月20日)「モニュメント・クロック」を寄附しました。

 富士森公園野球場は、65年前の1956年に開場した八王子市富士森公園内にある野球場です。全国高等学校野球選手権大会の西東京大会の予選会場になるなど、硬式野球の野球場として日々利用されています。

 当社は2016年、当野球場のネーミングライツを取得し、愛称を「ダイワハウススタジアム八王子」と決め、地域の皆様から親しまれてきましたが、2021年5月30日に契約満了を迎え、このたび「モニュメント・クロック」を寄附することになりました。

 今後は、「モニュメント・クロック」の設置により、スポーツ振興に寄与するとともに、地域の皆様と同じ時を刻み、地域の発展に貢献していきます。

【寄附受領式の様子】

■「モニュメント・クロック」概要

設置場所:富士森公園野球場入口広場

サイズ:幅500mm・奥行き400mm・高さ4,800mm

時計質量:10.7kg

駆動方式:交流式(電気)

時刻修正:長波電波

内部照明:白色LED

材質:ステンレス

メーカー:SEIKOグループ

■施設概要

施設名:富士森公園野球場(八王子市民球場、愛称「スリーボンドスタジアム八王子」)

所在地:東京都八王子市台町2-2(富士森公園内)

開場:1956年7月1日

所有者:八王子市

収容能力:最大11,289名(外野8,163名/内野3,126名)

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ