2021/09/14

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井 敬一
大阪市北区梅田3-3-5

■米国における戸建住宅販売エリア拡大

Stanley Martin Holdings, LLCによるAvex Homes, LLC他の戸建住宅事業の譲受

 大和ハウスグループのStanley Martin Holdings, LLC(本社:米国バージニア州、社長兼CEO:Steven Alloy(スティーブ・アロイ)、以下、スタンレー・マーチン社)は、2021年9月9日(日本時間:9月10日)、米国フロリダ州で戸建住宅事業を行うAvex Homes, LLCおよびその関係会社(以下、エイベックス・ホームズ社)と事業譲渡契約を締結し、2021年9月下旬に譲り受けることとなりました。

1.事業譲受の理由

 大和ハウスグループは、お客さまと共に新たな価値を創り、活かし、高め、人が心豊かに生きる社会の実現を目指し、「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、戸建住宅や賃貸住宅、マンション、住宅ストック、商業施設、事業施設など幅広い事業領域で活動しています。

 本年度が最終年度となる「大和ハウスグループ第6次中期経営計画」の中で、海外事業においては、管理体制を強化しつつ継続的に事業投資を行い、売上高4,000億円を目指しています。

 米国では2017年2月、東部地域(バージニア州・ノースカロライナ州・メリーランド州)において戸建住宅事業を行うスタンレー・マーチン社をDaiwa House USA Holdings Inc.(本社:テキサス州、社長:脇田 健)の子会社とし、米国での当社グループの戸建住宅事業に進出しました。

 また、スタンレー・マーチン社は、2018年2月、ジョージア州、サウスカロライナ州に拠点を保有していたFrontdoor Communities, LLCより戸建住宅事業の譲受を実施し、大和ハウスグループとして、米国東部地域において事業を拡大。2020年2月には、スタンレー・マーチン社を通じ、Essex Homes Southeast, Inc. のノースカロライナ州およびサウスカロライナ州における全ての主要な戸建住宅事業を譲受しました。

 あわせて、2021年9月2日(日本時間:9月3日)には、米国南部のテキサス州で戸建住宅事業を展開するCastleRock Communities LLCが当社のグループ入りするなど、米国での事業の拡大を続けてまいりました。

 そのような中、今回、スタンレー・マーチン社を通じて米国南東部のフロリダ州オーランドとタンパで戸建住宅事業を展開するエイベックス・ホームズ社の事業譲受により、さらなる米国での事業エリア拡大を図っていくこととなりました。

2.譲受の対象となる事業および財産

 エイベックス・ホームズ社は現在、フロリダ州のオーランドとタンパにおいて戸建住宅事業を展開していますが、このたびの譲受において、スタンレー・マーチン社は、エイベックス・ホームズ社が管理する約4,700区画の戸建分譲住宅地を含む本事業を譲受し、エイベックス・ホームズ社の経営陣ならびに従業員はスタンレー・マーチン社に参画することを予定しています。

3.スケジュール

2021年9月9日(日本時間:9月10日):事業譲渡契約締結日

2021年9月下旬:事業譲渡実行

4.業績への影響

 本事業譲受に伴う当社連結業績に与える影響は軽微です。

5.両社の会社概要

■事業譲受会社

会 社 名

Stanley Martin Holdings, LLC(スタンレー・マーチン社)

所 在 地

11710 Plaza America Drive, Suite 1100, Reston, Virginia 20190, USA

代表者の役職・氏名

Steven B. Alloy(社長兼CEO)

設立年月日

2005年4月27日(創業年月日:1966年10月31日)

売 上 高

1,504百万米ドル(2020年12月期)

事業内容

戸建住宅事業およびその周辺事業を営む会社の持分を保有する

ホールディング会社

住宅引渡戸数

3,242戸(2020年12月期)

従業員数

942名(2021年3月31日時点)

■事業譲渡会社

会 社 名

Avex Homes, LLC及び関係会社(エイベックス・ホームズ社)

所 在 地

28 E. Washington Street, Orlando, Florida 32801, USA

代表者の役職・氏名

Eric Marks (共同創業者、社長兼CEO)

設立年月日

2012年3月12日

売 上 高

約62百万米ドル(2020年12月期)

事業内容

戸建住宅事業

住宅引渡戸数

228戸(2020年12月期)

従業員数

44名 (2021年3月31日時点)

6.進出エリアについて

 エイベックス・ホームズ社が戸建住宅事業を行うフロリダ州は、東海岸最大の戸建住宅マーケットです。フロリダ州の中央部に位置しているオーランドは、2020年の新築戸建住宅引渡戸数は13,521戸(全米7位)、タンパでは13,067戸(全米8位)。オーランドの主要産業はIT、航空・宇宙、映画・テレビ制作。「ディズニー・ワールド」や「ユニバーサルスタジオ」をはじめとする複数のテーマパークがあり、観光都市としても人気が高く、今後も雇用や人口の成長が予想されます。

 あわせて、フロリダ州は1年中温暖な気候で住みやすく、住宅価格は比較的手頃であるとともに、州所得税が非課税のため、リタイアメント層の移住先としても人気が高い地域です。

 今後、スタンレー・マーチン社のノウハウを活かし、管理面やマーケティング面、製品面での相乗効果が期待できるエリアとなっています。

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ