2021/11/12

報道関係各位

金ケ崎町
大和ハウス工業株式会社

■大和ハウス工業がマルチテナント型物流施設「DPL岩手金ケ崎」を開発

金ケ崎町と大和ハウス工業が
「災害発生時における物資集積協力に関する協定書」
を締結

 金ケ崎町(町長:髙橋由一)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)は、本日(2021年11月12日)、「災害発生時における物資集積協力に関する協定書」を締結しました。

【マルチテナント型物流施設「DPL岩手金ケ崎」外観パース】

1.協定の目的

 金ケ崎町では、これまで地震、局地的な豪雨や台風による洪水、土砂崩れ等の様々な災害への備えとして、他の行政機関や事業者などと災害時応援協定の締結を行っています。

 そしてこのたび、大和ハウス工業による物流施設開発にあたり、金ケ崎町と同社は災害発生時に、マルチテナント型物流施設(※1)「DPL岩手金ケ崎」を支援物資の一時保管や集積場所として活用することを目的とした、「災害発生時における物資集積協力に関する協定書」を締結することとなりました。

※1.複数の企業テナント様が入居できる物流施設。

2.締結日
 2021年11月12日(金)

3.物資集積協力をする物流施設について
 大和ハウス工業は2021年12月1日、マルチテナント型物流施設「DPL岩手金ケ崎」を着工します。

(1)大和ハウス工業の岩手県内における物流施設開発について   

 大和ハウス工業は岩手県内において、「DPL岩手北上」や「DPL岩手花巻」などのマルチテナント型物流施設やBTS型物流施設(※2)など7棟、総敷地面積約177,500㎡(※3)となる物流施設の開発を手掛けています。

(2)立地・施設概要について

 マルチテナント型物流施設「DPL岩手金ケ崎」(鉄骨造平屋建て、延床面積20,308.31㎡)は、東北自動車道「北上金ケ崎インターチェンジ」から約3.7km、医薬品や半導体、自動車の3大産業が集積している「岩手中部(金ケ崎)工業団地」内に位置しています。大和ハウス工業は、同工業団地内の約78,700㎡の敷地を2021年1月に取得。同敷地に物流施設や工場など計3棟建設する予定で、このたび1棟目となる「DPL岩手金ケ崎」を建設することとなりました。

 当施設は、最大6テナントの入居が可能で、1区画約2,700㎡~約4,300㎡、各区画に事務所を設けます。また、施設内にトラックバースを設けるため、天候の影響を受けずに荷物の積み下ろしができます。

 半導体・自動車部品関連やインターネット通販事業者、小売業者、東北方面への配送を手掛ける事業者等、複数のテナント企業の入居を想定したマルチテナント型物流施設として、昨今の物流業界における市場環境の変化に伴った幅広い物流ニーズに応えることができます。

 同社は今後もお客さまに対してBTS型・マルチテナント型の物流施設を積極的に提案するとともに、安全・安心な地域づくりを目指し、防災に対する啓発活動への貢献に取り組んでまいります。

※2. Build to Suitのことで、特定のお客さま専用の物流施設のこと。

※3. 2021年10月31日現在。

【「DPL岩手金ケ崎」位置図】

■建物概要

名  称       :「DPL岩手金ケ崎」

所 在 地              :岩手県胆沢郡金ケ崎町西根森山3番

交  通          :東北自動車道「北上金ケ崎インターチェンジ」から約3.7km

敷 地 面 積       :36,517.00㎡ (11,046.39 坪)
建   築    面 積    :21,607.70㎡ (6,536.33 坪)

            高さ:9.9m、幅:161m、奥行き:126m

延 床 面 積    :20,308.31㎡ (6,143.26 坪)

賃 貸 面 積       :20,114.83㎡ (6,084.74坪)

構 造 ・ 規 模   :鉄骨造平屋建て

建 物 用 途     :マルチテナント型物流施設

事 業 主       :大和ハウス工業株式会社

設 計 ・ 施 工   :株式会社平野組

着       工   :2021年12月1日

竣 工 予 定 日   :2022年9月15日

入  居  予  定  日    :2022年10月上旬予定

お客さまお問い合わせ先 :大和ハウス工業株式会社 北東北支社建築事業部 TEL:019-634-1129

 

以上

このリリースの画像をダウンロードする。


このページの先頭へ