大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

2022/03/10

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井 敬一
大阪市北区梅田3-3-5

福岡市西区九大新町において「研究開発次世代拠点」
を着工

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下「大和ハウス工業」)と西部ガスグループの西部ガス都市開発株式会社(本社:福岡市、社長:佐藤操、以下「西部ガス都市開発」)は、2022年3月11日、福岡市西区九大新町において「研究開発次世代拠点」を着工しますので、お知らせします。

【完成予想図】

 「研究開発次世代拠点」は、九州大学と連携した次世代の研究開発拠点の形成を進めるため、ダイハツ九州株式会社と福岡市が所有していた土地を活用した事業です。大和ハウス工業と西部ガス都市開発が事業主体者として約3.1万㎡の土地を購入し、「知と感性と創造を育む『結び目』となる拠点」をコンセプトに、研究開発施設を主体とした複合施設を開発します。施設は、レンタルオフィスやレンタルラボ、物販店舗「BOOK & CAFE」、アウトドアショップ、飲食店、学生向け賃貸マンションなどで構成されます。

 「BOOK & CAFE」では、西部ガス都市開発とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社が共同運営する「蔦屋書店」などが出店し、交流の起点として施設内外のコミュニティ形成を図るイベントを開催します。また、研究開発棟では正晃株式会社が、実験機器の共有や研究資材の共同購入など持続的研究活動推進に向けたサービスの企画立案を主体となって行い、大和ハウスリアルティマネジメント株式会社が施設全体の維持・管理を行います。

 2023年3月の開業を目指し、福岡市や九州大学との連携・協働を促進することで、産学官連携による研究開発・交流の拠点を創出していきます。

 ●施設概要

所在地 :福岡市西区九大新町5番1他
交通 :JR筑肥線「九大学研都市駅」より昭和バスにて約11分
「産学連携交流センター」下車
敷地面積 :31,224.68㎡
延床面積 :28,296.86㎡
建物用途 :研究開発棟(レンタルオフィス・ラボ)、 商業棟(BOOK & CAFE)、
テナント棟、学生向け賃貸マンション(住居棟)
研究開発棟面積 :9,177.58㎡
物販店舗棟面積 :2,900㎡
店舗棟面積 :1,382㎡
住居棟面積 :14,837.28㎡
共用駐車台数 :420台
事業主体 :大和ハウス工業株式会社・西部ガス都市開発株式会社
ビル管理 :大和ハウスリアルティマネジメント株式会社
設計 :監修 株式会社梓設計、株式会社スタジオアキリ
   【研究開発棟・商業棟】
     基本設計:株式会社梓設計、株式会社スタジオアキリ
     実施設計:溝江建設株式会社
   【住居棟】
     基本設計:上村建設株式会社
     実施設計:上村建設株式会社
施工 :上村建設株式会社、溝江建設株式会社
着工 :2022年3月11日
竣工 :2023年3月上旬(予定)
開業 :2023年3月下旬(予定)

※着工時における主な内容であり,今後の協議等により変更になることがあります。

 

以上

このリリースの画像をダウンロードする。

-->