大和ハウス工業株式会社

DaiwaHouse

2022/04/18

ニュースレター

大和ハウス工業株式会社
代表取締役社長 芳井 敬一
大阪市北区梅田3-3-5

2025年日本国際博覧会
テーマ事業「いのちを高める」への協賛について

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の重要な取り組みであるテーマ事業「シグネチャーパビリオン」において、中島さち子氏がプロデューサーを務めるテーマ事業「いのちを高める」およびパビリオン「いのちの遊び場 クラゲ館」に、プラチナパートナーとして協賛することをお知らせします。

(ご参考)

■「シグネチャーパビリオン」とは

 テーマ事業は大阪・関西万博を象徴・代表する事業であり、8人の専門家がつくるパビリオンは、テーマをそれぞれの哲学から語り深める「署名作品」であることから、「シグネチャーパビリオン」と名付けられました。8名のテーマ事業プロデューサーが大阪・関西万博のテーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」を、それぞれ固有の観点から解釈、展開し、未来に生きる人々に繋ぎ渡すパビリオンを建設していきます。

 大和ハウスグループは「人・街・暮らしの価値共創グループ」として、新たな価値を創り、活かし、高め、人が心豊かに生きる社会の実現を目指していますが、このたび、「遊びや学び、スポーツや芸術を通して、生きる喜びや楽しさを感じ、ともにいのちを高めていく」という中島さち子氏のコンセプトに共鳴し、同氏がプロデュースするテーマ事業「いのちを高める」への協賛をすることとしました。 

 また、「いのちの遊び場 クラゲ館」の設計を担当する建築家の小堀哲夫氏は、当社の研修施設「大和ハウスグループ みらい価値共創センター」の設計・デザインも監修しております。

さらに「大和ハウスグループ みらい価値共創センター」においては、中島さち子氏が推進するSTEAM(※)教育の実践の場として、地域の子どもたちを対象とした共育カリキュラムの実施も予定しており、同氏との協働による思想の実現に動き出しています。

 今後は、2025年に大阪・夢洲の万博会場から未来社会の姿を発信するため、中島氏とともにみらい価値を共創し、テーマ事業「いのちを高める」の成功に貢献していきます。

※Science:科学、Technology:技術、Engineering:工学、Arts:芸術・リベラルアーツ、Mathematics:数学の頭文字をとったもので、各教科での学習を実社会での問題発見・解決にいかしていくための教科横断的な教育。

■テーマ事業名、パビリオン名及びテーマ事業プロデューサー

 

■「大和ハウスグループ みらい価値共創センター」について

 人財基盤のさらなる強化を目的に、大和ハウスグループの総合研修施設として2021年10月、奈良県に開所しました。

 同施設では、次世代の人財を育てる社員教育だけではなく、異業種企業との共創活動や地域の子どもたちとの共育活動を通して、新しい価値を創出する人財の育成を図ります。

 また、中島さち子氏をはじめ、様々な有識者との協働によるカリキュラムも想定しています。

【建物外観】

以上

このリリースの画像をダウンロードする。

個人のお客さま

住まいを探す

大和ハウスグループの住まいを探す

(土地情報 / 新築・中古一戸建て / 新築・中古マンション)

法人のお客さま

-->