大和リゾート株式会社

ホテルの新しい取り組み「ロイヤルストロベリーパーク」が好調

 大和リゾート株式会社が運営する「天橋立 宮津ロイヤルホテル(※)」に併設されたいちご農園「ロイヤルストロベリーパーク」のいちごが食べ頃を迎えました。
※2018年4月1日より名称を「Hotel & Resorts KYOTO-MIYAZU」に変更

 昨年12月にオープンした当施設。既存のテニスコートの敷地に設置したビニールハウス6棟(総面積約1,440㎡)で、いちご狩りを楽しめるいちご農園です。


 ---------------------------------------------
  いちごの苗:約8,000株
  品種:「章姫(あきひめ)」

     ※実が大きくて甘いことが特徴
 ---------------------------------------------

 担当者によると、今年は3月から食べごろを迎え、6月頃までいちご狩りが楽しめるとのことです。

予想を遥かに上回る来場者数
 いちご農園は、地元のいちご農園の方からアドバイスいただき、ホテルスタッフ全員で苗の植え付けから日々の管理まで行っています。
 昨年12月のオープンから2018年2月末時点の来場者数は、約1,600名(※)。 いちごの収穫量も、ピーク時は1日約50kg(200パック)と好調です。 今シーズンの「ロイヤルストロベリーパーク」関連の事業は当初の目標の約2倍の実績になると推測しています。
※ロイヤルストロベリーパーク関連事業全体の来場者数

ホテルでしかできないこと、ホテルだからこそできること
 「ロイヤルストロベリーパーク」では、いちご狩りだけではなく、ホテル併設という特長を活かした特別プランやイベントを実施しています。

【特別プラン】
 ・収穫したいちごをデザートとして提供
  ラウンジにて期間限定スイーツ&カクテルをご提供します。
 ・ストロベリービュッフェ
  収穫したいちごを使ったデザート(15品)、
  軽食(5品)、ドリンク(5品)をご提供します。

【イベント】
 ・ストロベリーナイト
  ライトアップしたいちごハウスの中でいちご狩りをお楽しみいただける「夜のいちご狩り」。
 ・季節に合わせたイベントを開催
  クリスマス(12月)、バレンタイン(2月)等、いちごを使った様々なイベントを実施。
  3月はお子さまを対象にした「キッズパティシエ料理教室」を実施。
  自分で収穫したいちごでケーキをデコレーションしていただきました。

 ショッピングプラザでは、贈答品やお持ち帰り用のいちご、いちご大福など、ホテルでしか買えない商品を販売しています。

オリジナルの商品を販売

 当社初の「いちご農園」では、ホテルならではのおもてなしで、お客様を「いちごの楽園」へとご案内します。

■Royal Strawberry Park 施設概要
 ハウス規模:間口8m・全長30mのハウス 6棟
       一棟あたり全長27mのレーンが6本あり、6棟に換算すると、全長972m
 栽培:高設栽培 約8,000株の苗
 品種:章姫(あきひめ)

■いちご狩り概要・宿泊プラン
 【いちご狩り】
  期間:12/15~6月上旬予定 ※いちごの栽培状況により終了致します
 【いちご狩り付き 宿泊プラン】
  料金:10,500円~(サービス料・消費税込み・1泊朝食付き・入湯税別)
 【ロイヤルストロベリービュッフェ】(要予約)
  期間:2018/3/17(土)~2018/4/1(日)は毎日開催
  時間:1部 11:30~13:30、2部 13:30~15:00
  詳細:ロイヤルストロベリーパーク WEB
     http://www.daiwaresort.jp/miyazu/royal_strawberry_park/index.html

■「天橋立 宮津ロイヤルホテル」概要
 ・所在地:〒626-8510 京都府宮津市字田井58
  電話:0772-25-1800(大代表)
  URL:http://www.daiwaresort.jp/miyazu/
 ・アクセス
  お車:京都縦貫自動車道「宮津天橋立I.C.」より車で約15分
  電車:京都丹後鉄道「宮津駅」より車で約12分
 ・お客さまお問い合わせ先
  大和リゾート株式会社「天橋立 宮津ロイヤルホテル」 熊谷/小池
  予約電話:0772-25-1188

■内容に関するお問い合わせ先
 大和リゾート株式会社 広報担当:浅井
 〒541-0051 大阪市中央区備後町1丁目5番2号 大和ハウス備後町ビル5階
 TEL:06-6229-7218 FAX:06-6229-7202
 URL:http://www.daiwaresort.jp/

スタッフ集合写真



ニュースルームとは


このページの先頭へ