ミャンマー

更に絞り込む

  • 全てのチェックをはずす
 

グループリリース

株式会社フジタ

ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業CP101工区の受注について

ヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業CP101工区の受注について

 住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)、株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:奥村洋治、以下「フジタ」)および日本信号株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本英彦、以下「日本信号」)(3社あわせて以下「本コンソーシアム」)は、ミャンマー国鉄からヤンゴン・マンダレー鉄道整備事業のフェーズ1であるCP101工区(パズンダン駅~バゴー駅区間)の整備事業(以下「本事業」)を受注しました。

グループリリース

株式会社フジタ

もみ殻を燃料とした発電事業に着手

もみ殻を燃料とした発電事業に着手

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治、以下「フジタ」)は、ミャンマーにおいて各種農業関連事業を手掛けるMyanmar Agribusiness Public Corporation (MAPCO) Limited(以下「MAPCO社」)と合弁でMyaung Mya FM Biomass Power Co., Ltdを設立し、もみ殻を燃料とした発電施設を建設し、電力を販売する事業に着手しました。  2017年10月28日に本事業の公表式を行い、式典には、ミャンマーエーヤワディ管区電力工業大臣Win Htay氏、同管区環境農業大臣Ba Hein氏、事業パートナーであるMAPCO社の取締役Kyaw Kyaw Win氏とThaung Win氏、当社の執行役員佐伯義雄など関係者約120名が出席しました。

グループリリース

株式会社フジタ

ミャンマー国ヤンゴン市中心部での大規模複合開発事業に着手 ミャンマー新投資法に基づく投資許可第1号案件

ミャンマー国ヤンゴン市中心部での大規模複合開発事業に着手

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:奥村洋治、以下「フジタ」)、東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:野村均、以下「東京建物」)は、ミャンマーの大手企業グループであるAyeyar Hinthar Holding Co.,Ltd.(以下「アヤヒンター」)傘下のYangon Technical & Trading Co.,Ltd.(以下「YTTC」)と共に、現地での投資許可を取得し、ミャンマー国ヤンゴン市中心部における大規模複合開発事業に着手しましたのでお知らせします。

ニュースリリース

ミャンマー連邦のサイクロン被害および中華人民共和国の四川大地震の被災地に対する義援金の寄付について

ミャンマー連邦および中華人民共和国への義援金の寄付について

ニュースルームとは


このページの先頭へ