大和リゾート株式会社

ロイトン札幌 客室リニューアル

 「ロイトン札幌」は2018年7月29日、開業26周年を迎え、スイートルームと、コネクティングルームのリニューアルを行いました。

 スイートルームの改装は開業以来初めてとなります。

■スイートルーム(18階・19階)4部屋
 お客様の声を反映させ、さらなるくつろぎを提供するスイートルームへとリニューアルしました。

 リビングに置かれていた大きなテーブルセットをソファーセットに変え、それにあわせて調度品も一新し、よりくつろげる空間を演出しました。

■コネクティングルーム(6階・7階)42部屋
 広さ30㎡の客室が2間続きでご利用可能なコネクティングルームはご家族やグループに最適であり、ホテル内で最も稼働率が高く、リピーター客も多い客室です。
 今回のリニューアルでは、寝心地にこだわった特注の「ロイトンオリジナルベット」を採用しました。

 独立したコイルには通常より1巻多い6巻コイルを使用。また、体をフィットさせるため、コイルの上に7層の素材を入れることで、より快適な睡眠をご提供しています。

カテゴリ
タグ


ニュースルームとは


このページの先頭へ