大和ハウス工業

沖縄県初となる「Dプロジェクト」

「Dプロジェクト沖縄浦添」着工

 4月19日、沖縄県浦添市に建設する物流施設「Dプロジェクト沖縄浦添」の起工式が行われました。琉球八社の一つである波上宮の神職を招き、多数の関係者が参列し工事の無事と安全を祈願しました。

 当施設は、約8,800㎡(約2,660坪)の敷地に建設する、地上5階建ての物流施設で、2020年8月に竣工する予定です。
 沖縄県は発展を続ける東アジアの中心に位置し、玄関口である那覇空港は、24時間体制での運航や通関を実現するなど、国内だけでなくアジア主要都市との国際貨物ハブとして重要な役割を担っています。 当施設では、立地特性を活かして、グローバルサプライチェーンの基盤を構築していきます。



ニュースルームとは


このページの先頭へ