大和ハウス工業株式会社

一人ひとりが健康を意識し、健康管理に優れた会社になる

「健康促進セミナー」を開催

 大和ハウス工業株式会社は、2017年2月21日、経済産業省と東京証券取引所が選出する 従業員の健康管理に優れた上場企業「健康経営銘柄2017」に選定されました。
 また、同日、経済産業省と日本健康会議が選出する、保険者と連携して優良な健康経営を行う企業「健康経営優良法人(ホワイト500)」にも選定されました。

 3月8日、従業員の健康促進に向けた取り組みの一環として、「健康促進活動補助金制度」を活用した「健康促進セミナー」を大和ハウス大阪ビル2階会議室において開催しました。
 当日は約200名の従業員が参加し、スポーツクラブNAS株式会社 スポーツ健康医科学研究室 後藤 真二氏による「健康促進セミナー」と「オフィスストレッチ」を実施しました。年齢を重ねても健康を維持するための生活習慣のヒントや簡単な運動を取り入れたストレス対処法をお話いただき、オフィスでできるストレッチを参加者が実践しました。

 セミナー後は簡易体力測定を実施し、握力や瞬発力等を測定しました。思うように動かない身体に落胆したり、実際の年齢より若い結果となり喜ぶ姿も見られ、現状を把握し健康について意識する良い機会となったようでした。

 今後も、当社は従業員が安心して健康に働ける職場環境を醸成し、豊かな住生活の実現と企業価値の向上につなげるとともに、持続可能な社会発展に貢献していきます。



ニュースルームとは


  • TOP

このページの先頭へ