総合建設

更に絞り込む

  • 全てのチェックをはずす
 

ニュースリリース

大和ハウス工業株式会社

三重県桑名市にて物流施設開発用地を取得

三重県桑名市にて物流施設開発用地を取得

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:大野直竹、以下、大和ハウス工業)と東急不動産株式会社(本社:東京都港区、社長:植村仁、以下、東急不動産)、アール・アイ・シー・マネジメント株式会社(本社:東京都港区、社長:片地格人、以下、RICM)の3社は、三重県桑名市にて物流施設開発用地を取得し、「(仮称)桑名プロジェクト」として共同開発に着手することをお知らせします。  本プロジェクトは、3社の共同出資による特定目的会社が建築主となり、RICMがアセットマネジメント業務を受託し、約70,000㎡の敷地に、2019年春竣工予定で大型マルチテント型物流施設の建設を計画しています。

グループリリース

株式会社フジタ

改良型遠隔操縦ロボット(ロボQⅡ)を開発 無人化施工オペレータも育成

改良型遠隔操縦ロボット(ロボQⅡ)を開発 無人化施工オペレータも育成

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:奥村洋治)は、災害対策機械として「ロボQⅡ」を開発、現場への適用を開始しました。これは平成11 年に国土交通省九州地方整備局九州技術事務所と共同開発した簡易遠隔操縦装置「ロボQ」(※1)を改良し、緊急時の機動性を向上させたものです。あわせて、災害時に無人化施工に対応できる、オペレータ育成の取り組みも開始しました。 ※1:簡易遠隔操縦装置「ロボQ」 「ロボQ」は市販の汎用油圧ショベルに簡単に装着でき、安全な場所から遠隔で操縦できるロボット(無人化施工技術)で、平成11 年に開発され土砂災害などの有人での操縦が危険な復旧工事に適用されています。

グループリリース

株式会社フジタ

事前予測を組み込むCIMモデルの作成技術を開発

事前予測を組み込むCIMモデルの作成技術を開発

大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:奥村洋治)は、有限要素法(FEM解析)などの3次元数値解析モデルをCIMモデルへ自動変換する独自のプログラムを開発しました。

グループリリース

株式会社フジタ

「トンネル工事での移動ステージ」を開発

「トンネル工事での移動ステージ」開発

大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:奥村洋治)は、株式会社東宏(本社:北海道札幌市 社長:小林雅彦)と共同で、連続ベルトコンベアシステム(以下、連続ベルコン)を使用するトンネル工事において、坑内の作業スペースを最大限に確保できる「連続ベルコン通過型スライディングステージ」を開発しました。

グループリリース

株式会社フジタ

覆工コンクリート施工をリアルタイムに三次元可視化

覆工コンクリート施工をリアルタイムに三次元可視化

大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:奥村洋治)は、国土交通省東北地方整備局発注の円渕トンネル工事(福島県相馬市)において、覆工の打込み状況をリアルタイムに“三次元的に見える化”できる『覆工コンクリート施工管理システム』を開発しました。

ニュースリリース

「ロボットスーツHAL 作業支援用(腰タイプ)」を10台導入し、職方の作業負荷低減のための現場実証を開始

職方の作業負荷低減のための現場実証開始

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)と大和小田急建設(本社:東京都新宿区、社長:金久保篤司、以下「大和小田急建設」)、株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治、以下「フジタ」)、大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作、以下「大和リース」)は、2015年5月1日より、CYBERDYNE株式会社(本社:茨城県つくば市、CEO:山海嘉之、以下:サイバーダイン社)が開発・製造する「ロボットスーツHALR作業支援用(腰タイプ)」(※1)10台を建設現場等に導入し、職方の作業負荷を低減するための現場実証を開始します。

ニュースリリース

耐震・制振部材
「DUAL CORE BRACE(デュアルコアブレース)」共同開発

耐震・制振部材「DUAL CORE BRACE」共同開発

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)と株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司、以下「フジタ」)は、中低層の建物をはじめ,高層マンションや大型物流倉庫など様々な物件に適用可能な耐震・制振部材「DUAL CORE BRACE(デュアルコアブレース) -平鋼を角形鋼管で座屈拘束した耐震・制振ブレース-」を共同開発し、2015年3月より建物への採用を開始します。

ニュースリリース

基礎梁貫通孔補強「スターズ基礎梁工法」共同開発
-星形補強筋を用いて効率的な補強を実現-

基礎梁貫通孔補強「スターズ基礎梁工法」共同開発

株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司、以下「フジタ」)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)は、分譲マンションや賃貸住宅など様々な建物に適用可能で、鉄筋コンクリート造の基礎梁に、梁せい(※1)の2分の1までの大口径貫通孔(※2)を設けられる「スターズ基礎梁工法(※3) -星形補強筋を用いた基礎梁の貫通孔補強工法-」を共同開発しました。

ニュースリリース

「緑が、街を変えていく。~住宅・建築事業における緑化推進と環境緑化事業『ECOLOGREEN(エコログリーン)』」が第16回グリーン購入大賞の「優秀賞」を受賞

『ECOLOGREEN』」が第16回グリーン購入大賞の優秀賞受賞

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)と大和リース株式会社(本社:大阪市、社長:森田俊作、以下「大和リース」)が取り組むプロジェクト「緑が、街を変えていく。~住宅・建築事業における緑化推進と環境緑化事業『ECOLOGREEN(エコログリーン)』」は、グリーン購入ネットワーク(事務局:東京都中央区、代表:平尾雅彦)が主催する第16回グリーン購入大賞において、「優秀賞」を受賞しました。2009年の「優秀賞」受賞に続き、2度目の受賞となりました。

ニュースリリース

「大型施設用床振動解析システム」共同開発

「大型施設用床振動解析システム」共同開発

株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司、以下「フジタ」)と大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹)は、物流施設や工場などの設計段階で、床振動を短時間かつ高精度に解析できるシステム「大型施設用床振動解析システム」を共同開発しました。

ニュースリリース

中低層建物向け耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース」共同開発

中低層建物向け耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース」共同開発

大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)と株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司、以下「フジタ」)は、中低層(3~4階建)のサービス付き高齢者住宅など様々な建物に適用可能な耐震部材「鋼製座屈拘束ブレース -平鋼を角形鋼管で座屈拘束した耐震ブレース-」を共同開発、2014年3月より建物への採用を開始します。

ニュースリリース

こども向け職業・社会体験型施設「キッザニア甲子園(KidZania Koshien)」に「住宅建築現場(仮)」パビリオンを出展します

「キッザニア甲子園」に「住宅建築現場(仮)」パビリオン出展

ニュースルームとは


  • TOP

このページの先頭へ